【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<180話>乙骨VS石流、決着。

呪術廻戦の感想ネタバレ考察

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!

面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ180話>

4月4日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」180話「仙台コロニー⑦」

 呪術廻戦だ~\(^o^)/!!!

 今週もめちゃめちゃ良かった。まず扉絵が里香ちゃんっていうので一回声出たわ(笑)。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

乙骨とリカのぬいぐるみ持ってるのイイね。

しかし…やっぱり里香ちゃんは11歳には見えないなwww

色気が凄すぎるだろ…口元にホクロあるのが大きいのかもしれんけど。

いや、ホクロ云々よりもこんな表情してるからか(笑)。

11歳でこの微笑みできるのはすげぇ。

 

ほんでちょっと思ったんだけどさぁ。

もし里香ちゃんが事故に遭ってなかったら、乙骨と里香ちゃんはどういう人生を歩んでたんだろ?

子供の頃のアホっぽい感じを見る限り乙骨は家族に何か問題があるワケではなさそうだよね。

それに里香ちゃんも、おばあちゃんのことは嫌いだろうけど特に虐待みたいなことはされてなさそうだし。

ある程度は普通の人生を送れたのかな。

でも母親が原因不明の死を遂げたこととか里香ちゃんと父親に起きた事件を考えると、里香ちゃん周りで何かしら起きちゃうことはもう確定路線なのかもしれん(笑)。

「呪霊にちょっかい出されやすい」とかあるかは分かんないけど、とりあえず人生のどの時点においても人間関係では常にめんどくさいことになってそうだもん里香ちゃんw

もし交通事故に遭わない世界線を歩んだとしても、どっかのタイミングで乙骨の覚醒トリガーを引くことになっちゃいそうだ…

 

妄想はこの辺にしとこう(笑)。今週も本誌の内容振り返っていくぞ!!!

[ad]

【呪術廻戦180話】乙骨の手札がまた一つ増えました

黒沐死と烏鷺さんをリタイアさせ、満を持してタイマンで対峙する乙骨と石流。

そしてまた一つ、乙骨がリカ完全顕現後にできることが明らかになりました。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

リカを完全顕現することで純愛砲がいつでも出せるようになるのか…

たしかに今までの乙骨は、呪力放出したときも指向性とかは考えずに莫大な呪力量にまかせた範囲攻撃みたいなことしかしてなかったかもね。

黒沐死戦でゴキブリ達を一掃したときもそうだったし。

その呪力を一点に集中させて放つんだからすごい威力なんだろうなぁ。

ダイの大冒険でポップがやってた一点集中ギラみたいなイメージしてるんだけど…合ってるか?w

まぁ0巻のときは自らの命を生贄とする縛りで呪力出力を高めてたから、それに比べるといくらか威力は落ちるとは思うけどもさ。

 

しかし乙骨はできることがどんどん増えてくね(笑)。

そのうえ使える術式はこれからも増え続けるんでしょ???

経験を積めば積むほどできることが増えていく術式…。

「今までに出会った敵味方の能力が使えるようになる」って書くとめちゃめちゃ主人公っぽいw

 

戦いそのものに意味を見出すことがない乙骨は石流のグラニテブラストが自分の呪力放出より出力が高いことを理解しているため、石流の呪力チャージが終わる前に呪力を放出して終わらせようとする。

しかし「真正面からぶつかりたい」と切望している石流の熱い眼差しに心が解かされてしまい、誘いに乗ってしまうのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

なんだこの表情…良すぎるだろ!!!

「戦いそのものに意味を見出すことはおそらくこの先二度とない」みたいなナレーションが入りながらこんな顔してくるの、、、もうたまんねーな(笑)。

石流くらいの強者ならきっと乙骨が何をしようとしてたか分かってたはずだし、それなのに自分の誘いに乗って来てくれたのはめちゃくちゃ嬉しかっただろうね。

乙骨が女だけじゃ飽き足らず男までたらし始めて笑っちゃったよwww

 [ad]

 

ほんで今回、石流がいつの時代の術師かも分かりまして。

どうやら石流は昭和あたりの術師じゃなくて400年前の術師らしい!

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

400年前…江戸時代の初めあたりか!

江戸時代ってたぶん町民もみんなちょんまげ結ってたよね???

石流、現役時代はちょんまげからグラニテブラスト出してたら笑うwww

でもリーゼントとちょんまげだと砲口の場所が違うから、慣れるまでにちょっと苦労しそうだな(笑)。

 

つーか400年前ってことは鹿紫雲と同時期の術師だったのか石流。

たしか鹿紫雲も「400年前の方がマシだった」みたいなこと言ってた気がする↓。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<158話>死滅回游始まったぁ!!!
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ158話> 9月13日発売 週刊少年ジャンプ「...

いつかの記事で石流と鹿紫雲はどっちも戦闘狂キャラっぽいって書いたけど、まさかどっちも同じ時代の術師だったとは思わんかった(笑)。

クソ強い戦闘狂術師が同じ時代に…もしかして江戸時代初期ってそういう時代だったのか???w

 

そういや江戸時代って200年以上続くくらい安定してた時代なんだよね。

となると、江戸時代になって安定したことで日常から戦いがなくなったから逆に戦いを求める人たちが増えたって可能性もあるのかも。

歴史の知識がなさすぎるからめちゃくちゃ勘だけど(笑)。

あーーー色んな時代の呪術師たちの日常が見たい!!!

平安時代と江戸時代の話は絶対に描いてくれ~芥見センセ\(^o^)/!w

 

石流の熱い眼差しに心を解かされ真正面からぶつかった乙骨だが、やはり最大出力で勝る石流のグラニテブラストに吹き飛ばされてしまう。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

乙骨が乗ってくれたからとはいえやっぱ強いなグラニテブラスト…

さっきも書いたように0巻のときの純愛砲と比べたらそりゃ落ちてるだろうけど、それでも今の乙骨の全力の純愛砲だろうしなぁ。

それにここまでグラニテブラストをバンバン撃ててるなら、石流は呪力量も相当なハズだよね。

あとで乙骨と戦い始めてから石流が何発グラニテブラスト撃ってるか数えてみようかなw

でも石流、グラニテブラストを放った直後に息も上がって汗びしょにもなってるから、さすがにだいぶ疲弊してるね。

仙台コロニーの戦いもついに佳境か…

[ad]

【呪術廻戦180話】術式のコピー条件…何なんだ?

グラニテブラストによって吹き飛ばされた乙骨はもう一度呪力を溜め始める。

それに気付いた石流も「何回でもやろう!!」と言いながら呪力を溜め始め嬉々として迎え撃とうとするが、乙骨は石流の予想に反してリカ単体で呪力を放出し、同時に石流に向かって走ってくるのだった。

勝ちを狙う石流はリカの呪力放出を左手で弾き、続けて乙骨に向かって渾身のグラニテブラストを放つが

 

(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

乙骨が烏鷺さんの術式までコピーしおった…

しかも術式コピーして初めて使うはずなのに、石流のグラニテブラストをこの距離で完璧にいなせてるのすごい。

コレが呪術センスMAXの実力、、、

 

ただ一つ気になったんだけど、乙骨が烏鷺さんの術式をコピーしたところを見て石流が

「リカに腕を食べさせたのがコピーの発動条件か」

って考えてるんだよね。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

どうなんだコレ。

肉体を取り込むことが条件…そうなるとリカは狗巻とラクダおじいちゃんの身体も食ったってことにならんか?w

いやーーーないと思うんだけどなぁ。

作中では描かれてない乙骨たちの日常で

「狗巻くん、ちゃんと治すから指1本貰えない…?ニコ」

って乙骨が言ってたらウケるけど(笑)。

スポンサーリンク

 

それにさ、ラクダおじいちゃんって非術師たちの前で殺した↓じゃん。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<173話>レジイ…高羽…天使…新キャラ…乙骨…情報過多です。
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ173話> 1月31日発売 週刊少年ジャンプ「...

あの後にリカにラクダおじいちゃんのことを食わせてたら、さすがに非術師たちも怖くて乙骨についていけない気がするんだがwww

だからやっぱり乙骨の術式コピー条件は「理解すること」だと思うのよ。

仙台コロニーでのバトル中でも、乙骨が相手の術式を分析するシーンがやけに描写されてた気がするし。

相手の術式を見て聞いて、時には実際に食らって理解を深めることで使えるようになる、みたいな。

乙骨はそのくらいぶっ飛んでる術式を持っててほしいwww

 

あと石流、前回は乙骨がリカに烏鷺さんの腕を食わせたことを「反転術式を使わせないため」って予想してたけど、今回「術式をコピーするためか!」って考えを改めてるんだよね。

それにこのコマ↓でも「乙骨と別にリカが術式を持ってると思ってた」って勘違いしてたことが分かる。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

つまり呪術のキャラがした予想は普通に外れることがあるということだ…

石流の考えてる術式のコピー条件は間違ってる!おれはこの説を信じるぞ!!!

上の画像ラストの「まさか無条件---」が実は当たってる説を推すことにする(笑)。

 

ただコレだと「便利すぎる&コピーしてるであろう東堂の不義遊戯をなぜ使わないのか」ていう疑問が出てきちゃうんだよね。

乙骨は交流戦で東堂とも戦ってるはずだから。

でも交流戦のときは里香ちゃん解呪前で圧勝だったっぽいし、東堂が術式を披露する前に決着しちゃって不義遊戯を見てないからコピーできてないって可能性もあるはず…!

やはり石流の予想は大外れ!これに賭ける!!!

 

でもマジでリカに肉体を取り込ませることがコピー条件だったらどうしよwww

これから乙骨が見たことない術式を使うたびに「あぁ、その術式の持ち主の体もリカに食べさせたんだね…」ってなっちゃうわ(笑)。

[ad]

【呪術廻戦180話】石流、満腹になる。

グラニテブラストを曲げていなした乙骨は、隙ができた石流に「宇守羅彈-うすらび-」を放ったのち、続けざまにリカに殴らせる。

どちらの攻撃もモロに食らってしまう石流だが倒れることはなく、さらにそれとほぼ同時に5分が経過しリカと乙骨の接続が切れるのだった。

次の瞬間リカは石流に殴られ、乙骨の名前を呼びながら限界を迎えてしまう。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

リンク解除が重なったとはいえ殴ってリカを退場させる石流ヤバい。

リカって完全顕現してない状態でもあの虎杖を軽く抑え込めるくらいには強いんだぞ…それを殴って終わりはヤベぇよ。

虎杖もこのくらい肉弾戦強ければなぁ。今でも十分強いとは思うけど、これからの戦いを考えると攻撃の威力が足りない感じあるよね。

 

…呪力出力って鍛えて高めたりはできないのかな。

呪力コントロールは訓練である程度上達できるっぽいけど、呪力出力はやっぱり才能が全てなのか??

一気に呪力を放出すること=呪力出力なんだったら呪力出力も呪力コントロールの範疇な気もするけど。

まぁでも呪力出力=放出する蛇口そのものの大きさだとしたら、呪力出力は呪力コントロールとは違って持って生まれたものってことになっちゃうか。

蛇口のひねり方は訓練でなんとかなりそうだけど、蛇口を大きくするのは難しそうだもんね。

 

うーむ。虎杖がこのレベルの戦いに参戦できるようになるにはどうしたらいいんだ??

宿儺の術式はホントに刻まれるんですか五条さん。

スポンサーリンク

 

乙骨と殴り合う中で「限界を超えた先」を経験する石流。これこそが自分が欲していたデザートだと喜ぶ石流だが、その時間は長くは続かない。

石流の服を掴み動けないように固定する乙骨。そこにアレが降ってくる。

 

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

さっき逸らしたグラニテブラストを石流に落としたのか…コピーしたばっかりの術式なのにちょっと使いこなしすぎじゃないですか乙骨さんwww

1回上空に逸らしたグラニテブラストを石流に落ちるようにまた逸らしたってことは、自分からかなり離れた空間を歪めたってことだもんね。

烏鷺さんもやってない技術な気がする。地味にすごいことやってるんじゃないかコレ、、、

 

こんなんできちゃうのは乙骨がエグい呪力量を持ってるからなのかな。

もしそうなんだとしたら、基本的に乙骨は元々の持ち主より術式を上手く使えちゃうのかもしれんwww

ズルいぜ乙骨。

 

ほんで乙骨、石流の願望に答えた上でキッチリ倒すのもイカしてるわ。

もしかしたら、乙骨はタイマンになった時点で勝ちを確信してたんかもしれないね。なんか余裕があった感じもするし。

だってさ、勝ちを確信してないと乙骨にとって何より大切な仲間が困ってる今の状況で敵の誘いに乗るなんてありえないもん。

実際、最初に純愛砲を放つときに考えてた「石流よりはやく呪力をチャージして放つ」を実行してれば終わってたワケだし。

自分の責務は果たしつつ敵ではあるけどアツい男の願いも叶えてあげるとか…マジで人たらしだな乙骨(笑)。 

 

そんでそれと同時に、乙骨はリカを犠牲にして勝つとも考えないはずだから、リカは限界を迎えても本当の意味で死ぬことはないんだろうなってことも予想できるね。

伏黒の式神は壊れちゃうと二度と顕現できなくなっちゃうけど、リカはまた違うっぽい。

でもここまでボロボロにされちゃうと、次にまた完全顕現するためにはだいぶインターバルを空ける必要がありそうだ。

 

自分が放ったグラニテブラストを食らった石流は、自らの負けを認めた上で乙骨に感謝を告げる。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

うわ~「リーゼントがほどけて決着」って演出最高!!!芥見センセ~\(^o^)/!

リーゼントキャラの最後はやっぱコレですわ(笑)。

攻撃を食らってリーゼントがバッと全部ほどけるってどういうメカニズムなのかは分からんけどwww

あ、でも下から上に向かって髪の毛を上げてるんだから、上から呪力が降ってきたらそりゃ髪の毛は全部下に落ちるか。

こんなところまで理屈を通してる芥見センセ、さすがです。

スポンサーリンク

 

はい、そんな感じで今週は乙骨が石流を倒して仙台コロニーを制圧したところで終わり!!!

いやーめちゃめちゃ良いバトルだった…。

 

でも結局のところ石流も烏鷺も死んではないっぽいよね。コガネのアナウンスもないし。

まぁ自分の願いを叶えて満腹になれた石流はこのあとちゃんと死ぬとは思うけども、、、

 

うわ。

次回の呪術で石流が「あのとき腕を食わせたのは術式をコピーするためだったのか…」って言って、それに対して乙骨が笑いながら「違いますよ(笑)。あとあと交渉に使えると思ったので。」って言うシーンが脳内に溢れ出したわ。

やっぱりこのあとはポイント譲渡ルールが良きタイミングで追加されて、烏鷺さんの腕を治す代わりにポイントを貰うって展開になりそうだ…。

一方の石流は「満足したから殺せ」って乙骨に伝えて、乙骨は優しい上にイカれてるから本当に死を望んでることを感じ取ってちゃんと殺しちゃうって展開になる気がするw

 

ちょっとそれぞれの所持ポイントを振り返ってみようか。

たしか乙骨はラクダおじいちゃんを殺した時点で35ポイント持ってて、そのあと黒沐死を殺して5ポイントゲットしたから今は40ポイント持ってるはずだよね。

そして石流と烏鷺さんの所持ポイントはそれぞれ77ポイント70ポイント

 

このあとの流れを考えてみた↓

  • 譲渡ルールが間に合わないまま石流を殺して5ポイントをゲット
  • 直後にポイント譲渡ルールが追加されて、交渉の末(すえ)烏鷺さんに70ポイントを貰って合計115ポイント
  • 乙骨が100ポイント消費してルールを一つ追加

きっと乙骨が追加するのは「コロニー間の連絡手段を確立するルール」かな~。このルールが一番話が動きそうだ。

まぁ虎杖がポイント譲渡ルールを追加するタイミングがいつになるのかって心配はあるけどね(笑)。

 

虎杖たちがコロニーに突入したのが11月12日の12:00乙骨がラクダおじいちゃんを斬ったのが11月12日の11:28

ちょっと厳しいかもしれないwww

この展開予想は大外れの可能性が死ぬほど高いことが分かりました。

マジでどうなるんだろ~~~はやく次の話読みたい!!!

 

呪術、来週は休載か…。

めちゃくちゃ残念だけど、それで芥見センセがノリノリ元気モリモリで楽しく描けるんなら不満はゼロだ!

 次回を楽しみに待ちましょう\(^o^)/

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした。

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

コメント

  1. 八雲百怪 より:

    遅ればせながら感想を。「一回だけですよ」のコマを見た瞬間に感じた感想は、懐が深いとか心意気を組むんだなとかではなく「・・・ああ、これは女たらしですわw」でしたw
    何だろう優しいとか人たらしとかじゃなく女たらし・プレイボーイ感がすごかったw いやー里香ちゃんも死後(成仏後)残る念としてリカという安全装置を乙骨につけていくのもしょうがねーなって感じでしたね。
    乙骨の術式条件はまた不明のまま進むようですねー。トードさんが言うように「里香が食べる」はあくまで石流の考えだと思います。キャラ事に把握してる情報や前提が違うことが多いんですよねえ。
    ちょっと思ったのは「里香(リカ)が嫉妬や(正妻として)危機感を感じる」がコピー条件だったら面白いですよね。狗巻→何あのイケメン私の乙骨と距離感妙に近いんですけど、烏鷺さん→ちょっと全裸で寄ってくるとか何この女!、東堂→・・・こいつはいいや(コピー失敗)とかw
    そして、ほらほら優太あれくらい私もできるよと見せびらかす里香ちゃん。

    • トード トード より:

      八雲百怪さん、コメントありがとうございます!
      おれも同じです!乙骨のアレはもう…人をだめにする表情と言動ですよね(笑)。
      リカは乙骨に悪い虫が付かないようにするための安全装置www笑いましたwww

      呪術はキャラの考えてることが間違ってることもあるんですよね〜。そこがリアルで面白いんですけども!あと呪術は「読者は知ってるけど作中のキャラは知らないはずであろう情報」とかもかなり注意して描いてくれてるので、そういうところも好きです。

      その理論でいくと里香ちゃん、ラクダおじいちゃんに嫉妬しちゃってることになりますよ(笑)。まぁなくはない…のか???いやないハズだwww

      でも里香ちゃんが「あれくらい私もできるよ」って言って乙骨の気を引いてるって考え方はめちゃくちゃ可愛いですな…
      すごい好きな考え方です!!!

      今週もありがとうございました\(^o^)/

  2. ふー★ より:

    トードさん、記事お疲れ様です。
    コピーの術式の件、ジャンプ見た時に、「あ、体の一部を食べさせるのが発動条件だったのか!」って何も疑わずに読んでました。棘君の呪言も、棘君の髪の毛でもリカに食べさせたのかと思ってました。
    そして、他の呪術師の術式を乙骨がコピーした時のことを色々考えてみました。
    無可限呪術→呪術師として、めちゃくちゃ強くなるかもしれない
    付喪操術→ワンピースのローがトレーボルを倒した時の様なことが出来るかもしれない(刀を持った切れた腕を動かすやつ)
    十劃呪法→ナナミン自身はもう見れないから、ナナミンファンが喜ぶかもしれない
    と思いました。
    長くなってすみません。コメント失礼しました。

    • トード トード より:

      ふー★さん、コメントありがとうございます!
      あー髪の毛とかでもコピーが可能ならありえるかもですね!ラクダおじいちゃんの身体の一部も取り込んだのかな乙骨…

      無下限呪術自体のコピーは可能でしょうけど、乙骨は六眼を持っていないので五条さんほど使いこなすのは難しいでしょうね。
      無下限バリアくらいならできるかもなーって思ったんですが、五条さんが息をするようにやってる無下限バリアも実はめちゃくちゃ難しかったりする可能性もあるからなぁ。五条さん以外の五条家の術師がたいしたことないっていうのはそういうことでしょうし。

      付喪操術は付喪神の性質を考えるに「愛着のあるものを使役できる」って縛りがあると思うんですよ。じゃないとただのテレキネシス能力になっちゃうので。
      そう考えると、ふー★さんの言った可能性を考えると「自分の腕が切れた場合にそれは果たして愛着のあるものと言っちゃってのか」って問題が出てきますね(笑)。
      愛着はあるだろうけど…できたら面白いですw

      十劃呪法はおれも使ってほしいです!でもネタバレしてもそこまで問題がない術式なのに今回使ってなかったから、コピーはできてない可能性が高いかもしれません…
      シンプルでかっこいいですよね十劃呪法。

      コメントありがとうございました\(^o^)/

  3. 能あるゴリラ より:

    黒漆死ってポイントになるんですか?
    術師じゃなくて呪霊ですけど。でも泳者ではあるんですよね。
    どっちなんでしょう?

    呪霊ってどうやって打ってますか?呪霊じゃなくて樹齢になっちゃうんです。
    漏れ珊瑚からの漏瑚みたいなの何か知りませんか?

    後、小ネタになるんですけど、入場者特典第1弾の歌姫の
    「あんたほんとに五条の親戚?」
    ってセリフ時系列おかしくないですか?
    たぶんこの時、里香解呪前です。

    • トード トード より:

      能あるゴリラさん、コメントありがとうございます!

      呪霊もプレイヤーであればポイントになりますよ!コロニー内で生まれたであろう黒沐死ジュニアはプレイヤーではないのでポイントにはなりませんでしたが!
      でも黒沐死はある程度知能があったからアレですけど、低級呪霊がコロニーに入ってきた場合はプレイヤー認定されるのかは気になります。本人の意思確認ができない場合はどうなるんだろう。意思確認できるまでコロニーに入れないパターンもありそうですが。

      呪霊、おれのスマホだと出てきちゃうんですよね(笑)。たぶんSimejのキーボードを使ってるからだと思いますけど。元々のキーボードなのであれば、単純に呪い霊→呪霊ってやるのが一番早い気がします!あとは単語登録するって方法もありますね。

      あーーーどうなんだろwwwでも乙骨と真希さんの距離感がだいぶ近いので、解呪後の可能性も高いような気もします…分かんないですが(笑)。
      まぁ芥見センセだし番外編だし、東映からの圧力で五条さん出さなきゃいけなかったのもあったし。あんまり気にしてもしょうがないところかもしれませんw

      コメントありがとうございました\(^o^)/