【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<199話>宿儺、「堕天-だてん-」と名乗っていた

呪術廻戦の感想ネタバレ考察

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!

面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ199話>

10月3日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」199話「仇名-あだな-」

呪術廻戦\(^o^)/!!!

最近は前より休載が少なくなってる気がする…芥見センセ、また何か企んでそうだな(笑)。

もしかしたらアニメで五条さんが封印されるタイミングで本誌では五条さんが解放される、とかあるかもしれんね!

芥見センセの体は大丈夫なのかって心配はあるけれども…呪術ってそういうことをしてくれるからリアルタイムで追う楽しさがあるよなぁ。

 

よし。

今週はここで話すことも特に思いつかないし、さっそく本誌の内容振り返っていくか~!

スポンサーリンク

【呪術廻戦199話】加茂さんに救済の兆し

大道と六十四のおかげで自由になり、パパ黒と同じく完全天与呪縛のポテンシャルをフルに発揮できるようになった真希さん。

直哉くんを祓い終わったその足で加茂さんの元に向かったところ、重症ではありつつも無事な様子の加茂さんが横たわっているのだった。

大道と六十四の安否を確認する加茂さんだが、そのやり取りの中で「全体的にらしくなかったじゃねえか」と真希さんに言われてしまう。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

加茂さんまた言ってる…

ホントに母様のために、加茂家のトップになるためだけにここまで頑張ってたんだね。

でも京都校のみんなに対しても仲間意識が生まれてるとは思うし、母様以外にも生きていく理由を見つけてほしいわ。

 

…いや、だからこそ加茂さんはみんなのために命を燃やそうとしてたのか…

呪術師って生き物は難儀すぎるな~~~

常に戦いの中にいるから、「自分の生きる理由を全うするためには自分自身が命を懸けるしかない」みたいな矛盾した考え方で生きて行かなきゃいけないんだもんね。

何はともあれ加茂さんが無事みたいでよかったよ…。

あと大道と六十四も。

 

加茂家当主になれなかったこと、そして自分の名前のことから、本当は母様から愛されていなかったのではと思っている様子の加茂さん。

真希さんはそれに対して「母ちゃんに直接聞いたのか?私は母親に直接聞いてから斬った」と返し、さらに続ける。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

真希さん、ママが直哉くんにトドメを刺したって聞いたときにかなり動揺してたもんね。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<192話>直哉くん、変態。
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ192話> 8月1日発売 週刊少年ジャンプ...

もう本当のところは分からないけど、トドメを刺した事実を知ったことで真希さんは「もしかしたら私達に対して愛情があったんじゃないか」って思ったってことだ。

まぁ個人的にはなそうな気はするけども…

起こった事象だけ見ると、ママは真希真依にヒドいことをしまくってた直哉くんに対する怒りからトドメを刺しに行ったようにも思える。

でも真希真依のママ自身も、直哉くん含め禪院家全員を憎んでたろうし。

死に際に言った「産んでよかった」「あの子たちのおかげで最後にやり返せた」みたいな意味で、二人を愛してたから出た言葉ではないと思うんだよな~

とはいえこの部分に関して答え合わせされることはないだろうから、読む人それぞれがどう捉えるかになりそうだ。

スポンサーリンク

 

場面は変わって、加茂さんの母様の自宅。

「憲紀-のりとし-」という名前をつけたいきさつを語る母様によると、どうやら加茂家においての忌み名をあえてつけることで、家に対する嫌がらせと共にある想いを残したかった模様。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

つまり母様自身は、たとえ忌み名だったとしても母親としての愛が確かにあって付けたから絶対に間違ってないと思ってるワケか。

実際アイヌとかでは子供にあえて汚い名前をつけることで守る、みたいな慣習もあるしね!考え方的には理解できるな。

でもさ~母様!

なんで本心の通りに「みんなに嫌われて早くそんな家出てきなさい!待ってるから!」って言ってあげなかったんだ!

アンタが「迎えに来て」とか言うから加茂さんは…!!!

まぁでも加茂家から抜け出すなんて難しいことだって当時は思ってただろうし、ああ言うしかなかったのかもね。

だからこそ名前に本心を込めておいたと。

 

うーん。難しい話だな…

ただ今回で、加茂さんが幸せになれる可能性が少し出てきた気がするのは嬉しい。

今の母様の家族の中に加わるかは正直微妙なところだけど、ちゃんと母様に愛されてるっていうことが分かればきっと加茂さんも生きていけるよね。

「考え方を改めてちゃんと母ちゃんと話した方が良い」って言ってくれた真希さんのおかげだ。

 

…なんならもう呪術師だって辞めてちゃっていいんじゃないか加茂さん。

性格的に、他の誰か仲間が呪術師をやり続けてる限り自ら離脱はしないとは思うけど。

呪術師が必要ない世界になったら、自分のための人生を送ってほしいわ…。

 

ほんでこれも気になったんだけど、母様たちイイ家住んでんな~(笑)。

めちゃめちゃキレイだし、アイランドキッチンだし、玉ねぎとかジャガイモもなんだかオシャレなカゴに入れちゃってさ…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

でも玉ねぎの皮ってすぐパリパリ剥がれるから、下のじゃがいもに玉ねぎの皮めちゃくちゃ降りかかってそうだwww

意外と大丈夫なモンなのか…??

スポンサーリンク

 

はい。そして母様のシーンのラストに出てきた花。

コレたぶんあじさいだよね??

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

芥見センセってこういうコマには意味を持たせがちだよな~って思って花言葉調べたら、案の定ちょっとイヤなニュアンスの花言葉が出てきて笑っちゃったw

ただあじさいって、色によっても花言葉が違ってるみたいなんだよね。

白黒で色まではよく分からんから、とりあえず調べて出てきた意味まとめてみた↓

あじさいの花言葉

  • 家族、団らん
  • 高嶺の花、神秘的
  • ひたむきな愛
  • 元気な女性
  • 寛容、一途な愛情
  • 辛抱強い愛
  • 浮気、移り気
  • 無情、高慢
  • 美しいが冷淡

一見すると家族の良さとか愛情が目に入るけど、その一方で無情とか高慢とかいう意味もあって。

ほとんど描写がないからアレだけどさ、このシーンだけを見ると加茂さんの母様ってかなり自分に自信があるというか、強くて勝気な女性な印象を受けるんだよね。

勝手に憲紀って名前つけるとか加茂家相手にケンカ売ってるようなもんだし(笑)。

つっても加茂さんに対する愛情は確かに持ってそうだから、このあじさいの花言葉は母様自身を綺麗に表してるのかもしれん。

「浮気・移り気」ってところが引っかかるけど、まぁ加茂さんに迎えにきてと言いながら自分は新しい伴侶と家族を作ってるんだから、その通りかなって感じもする(笑)。

御三家に我が子を残して去るっていう特殊な状況だし、そういう行動を取っても責められたモンじゃないとは思うけどさ。

 

はたして加茂さんはこの母様と再びお話ができるのか???

楽しみにはするけど、過度に期待はしないでおこう…(笑)。

スポンサーリンク

【呪術廻戦199話】来栖華とセンターマンが!!!

再び場面は変わって、11月14日の東京第1コロニー。

虎杖たちが死滅回游に参加した日から2日経ってるね!

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<160話>虎杖、羂索の息子であることが確定してしまう
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ160話> 9月27日発売 週刊少年ジャンプ「...

各コロニーを経由してようやく戻ってこれました(笑)。

 

そして東京第1コロニーに戻って最初に登場するキャラはコチラ。

 

「おはようございます。よく眠れましたか?」

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

いきなり来栖華!?!?ビックリしたwww

まさかこんなにヌルっと出てくるとは思わんかったわ。

たしか最後に来栖ちゃんが出たのは伏黒のところに降り立ったところだったよな~

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<173話>レジイ…高羽…天使…新キャラ…乙骨…情報過多です。
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ173話> 1月31日発売 週刊少年ジャンプ「...

つまり来栖ちゃんの言う「運命の人」は伏黒のこと…

 

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

そばに虎杖もいました(笑)。

バスローブ着てテンション上がってるの可愛いなぁ虎杖。

結果救われたとはいえ日車戦で渋谷大虐殺のことを思い出さなきゃいけない場面があったけど、ここではかなりリラックスできてそうだね!

でもこれワイン飲んでんのか…?

また日車の領域に入ることになった時に大変だぞ虎杖www

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<164話>日車寛見の術式がついに判明!
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ164話> 11月8日発売 週刊少年ジャンプ「...

ほんで来栖ちゃんの登場にも驚いたけど、虎杖も伏黒と合流してるのかよ!

もっとどうしようもない状況になってから再会する感じかと思ってた。

 

とか考えてたら、またさらに一人増えるというね(笑)。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

高羽だ~~~!!!こんなに早く再登場するなんて!!!

しかし…虎杖と高羽と来栖ちゃんの3人仲良くなりすぎじゃない?

アイスのリクエストまでしてるじゃんかw

てっきり来栖ちゃんは敵として出てくると思ってたんだけど。意外とイイやつパターンなのかな。

でもこのコマ見る限り来栖ちゃんはチョコミント好きか…それならきっとイイやつだ\(^o^)/www

スポンサーリンク

 

「ニュースをあまり見ない」という高羽にコロニー内のインフラ事情を説明する来栖ちゃん。

来栖ちゃんによると、どうやらコロニー内に残された人たちのことを考えた結果、外からの電気の供給は止めないと決定されている模様。

さらにこのあと伏黒が「便所と風呂に行く」って言っていることから、ガスと水道も問題なく使えそうだということが分かりました。

 

便所と風呂を済ませた伏黒に、それぞれが出会った経緯を説明する3人。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

虎杖がセンターマン知ってるの謎すぎる(笑)。

いくらテレビっ子っつっても年齢的に絶対テレビじゃ見る機会ないでしょw

でも虎杖と高羽は絶対に気が合うっていうのは予想通りすぎた…つまり二人が六十四と出会ったらさらにすごいことになるということだwww

いつか3人が一堂に会する日が来てくれるんでしょうか。

 

つーか虎杖、高羽に伏黒を説明するとき絶対「ウニみたいな髪型のヤツ」って言ってるよねコレ(笑)。

挿絵がすげぇもん。

ウニみたいな髪型というより、もはやウニに顔がついてるレベルになってるじゃんwww

 

でも出会った瞬間に何のコスプレか言い当ててくれて、さらには空飛ぶ天使に連れてかれる伏黒を見て「パトラッシュ!!」なんてボケてくれる虎杖とかさ、高羽にとっては最高だね(笑)。

高羽のネタを理解してくれるのはもちろんだけど、ボケのフリまでしっかりしてくれそうだ虎杖www

スポンサーリンク

 

ヌルっと出会いヌルっと仲良くなっている3人に対し、「警戒心とかねえのか」という伏黒。

しかしその後すぐ、助けてくれた3人に謝り素直にお礼をするのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

みんなで「まぁまぁまぁ!!」とか仲良し3人組すぎるってwww

この2日で3人がどんなやり取りしたのか知りたい~~~(笑)。

虎杖と高羽が自然と仲良くなってんのはまぁ分かるんだけど、来栖ちゃんも同じようなノリなのがすごい意外なんだよなw

 

ただ来栖ちゃん。

過去描写があって黄櫨戦での戦いもすでに描かれてる高羽とは違ってまだ何も分からないから、この仲の良さがフラグなんじゃないかって気もしてくるわ…。

一体どんなキャラなんでしょうか。

 

この2日での動きを報告する虎杖は、秤が100点乙骨が190点を獲得し、そこに伏黒・高羽・来栖の3人のポイントを合わせると合計で359点になると伏黒に伝える。

これで最初に挙げた4つのルールを追加するために必要なポイントは貯まったという虎杖の言葉を聞き、伏黒は津美紀を助けられると安心するのだった。

しかし高羽と来栖ちゃんがなぜポイントをくれるのか疑問に思い、伏黒は二人に尋ねる。

その心は…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

高羽めちゃくちゃイイやつじゃん…

ここまで善人を見せられちゃったら、高羽はすでに伏黒にとって殺せない存在になっちゃってるんじゃないか(笑)?

伏黒が虎杖を殺したくない理由も、最初は「根っからの善人だから」みたいな感じだったもんね!

高羽はレジィ戦でも伏黒を助けてくれたし…

また守るものができてしまったな伏黒よw

スポンサーリンク

 

ほんで高羽のポイントはやっぱり黄櫨からもらったんだw

きっとしつこくてウザいから根負けしたんだな…可哀そうな黄櫨(笑)。

アイツは今何やってるんだろうね?

レジィが死んだことで戦う理由がなくなっちゃったみたいだけど、この先でも物語に絡んでくるのかな。

ただ高羽にポイント譲ったところを見ると、これから黄櫨が敵として登場することはなさそうな気はするわ。

つっても自分の歯とか目をエグって投げるっていう戦い方のせいで、味方サイドとして戦うこともない気はするけどもwww

となると考えられるのが誰か新キャラの当て馬か…

死んでるか重症になってる黄櫨を見つけた高羽が、それをやったキャラと戦うことになるって展開はありそう。

 

一方の来栖ちゃんだけど、ポイントは特に必要ないってのはどういうことなんだろね?

1点でもあればポイント譲渡による術式剥奪もどうにかできるから、「たくさんは必要ない」って意味で言ってるなら分かるけども。

ただ来栖ちゃんって術式の消滅っていう術式を持ってるからなぁ。

もしかしたら今は必要がないからやってないだけで、いざとなったら死滅回游の術式ごと消せたりもできるんかね?

それならポイントは特に必要ないって言ってるのも納得だけど。

術式範囲とか対象とかどうなってるんだろ。

 

まぁ何はともあれ、2人ともポイントくれて良かったね伏黒…

スポンサーリンク

【呪術廻戦199話】宿儺さんの新たな異名が明らかにwww

ポイントをくれるという来栖ちゃんに伏黒は「他にも聞きたいことがある」と言い、以下の3点を尋ねる。

  • 来栖ちゃんは天使なのか
  • なぜ伏黒を助けたのか
  • なぜ東京第1コロニーにいたのか

そしたらまさかの展開です。

 

「天使は私だよ」

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

うわ宿儺と同じじゃんナニコレ…なにこれ!!!

なんだなんだ急すぎて読んでて声出ちゃったぞ(笑)。

 

えーーー何なんだろう。

この直後に虎杖が「あ、おそろい」って言ってるし、虎杖&宿儺と来栖ちゃん&天使は同じ感じなんか?

でも天使は来栖ちゃんのことを女の子って言うてはりますわ…宿儺なんてずっと虎杖のこと小僧って呼んでるのにwww

虎杖と宿儺に比べたら、来栖ちゃんと天使はだいぶ良好な関係結んでそうだね!

 

つーか来栖ちゃんと天使は別の存在だったのかよ…まさかの展開すぎる。

スポンサーリンク

 

伏黒の質問に答える天使。

まずは伏黒を助けた理由について「華は君を以前…」と言いかけるが、来栖ちゃんは大声を出してそれを遮りながら「行き倒れてる人を助けない道理があって?」とごまかすのだった。

さらに他の質問に答えるために、天使はまず自らの術式を知っているかを確認する。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

天使の術式は「術式の無効化」ね。

ほんで生得術式だけじゃなくて封印術や結界術も術式の対象だから、コロニー間の移動ができると。

来栖ちゃんが伏黒のところに現れたときに記事で書いた予想は当たってたか~!

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<173話>レジイ…高羽…天使…新キャラ…乙骨…情報過多です。
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ173話> 1月31日発売 週刊少年ジャンプ「...

やっぱり結界術も術式の無効化で通り抜けられるんだな。

 

ただ一つ気になったんだけど、たしか天元は天使の術式を「術式の消滅」って言ってたんだよね。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<145話>ニセ夏油オマエそんな名前だったのか…
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ145話> 4月12日発売 週刊少年ジャンプ「...

消滅と無効化だとけっこうニュアンスが違くない??

消滅だと術式そのものを消すイメージだけど、無効化だと術式の働きをキャンセルするってだけじゃんきっと。

やっぱり天元は何か隠してたりするのか…?

あんな素敵な笑顔しながら嘘ついてたらイヤすぎる(笑)。

もちろん天使が嘘ついてる可能性もあるけど、天元はずっと怪しさがにじみ出てるんだよなぁ。

う~ん。

つっても天元と天使の二人から直接話を聞いてる虎杖と伏黒が反応してないから、ただの表記ゆれみたいなモンでそこまで深い意味はないってこともありそうだけどね!

この辺りはまだ判断できなさそうだ。

スポンサーリンク

 

自らの術式について話した天使は、続けてコロニーを移動していた理由を「東京第2コロニーはプレイヤーよりも呪霊が多かったから」と説明する。

呪霊の方が術師よりも行動が読みやすいのになぜ術師が多いコロニーに行くのか、という伏黒の疑問に対し、さらに答える天使。

 

「私の目的は受肉したプレイヤーの一掃だ」

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

正義の漢(女)かよ天使…!!!

天使は1000年前の術師だって天元は言ってたけどさ、つまり天使はこの死滅回游で復活するであろう受肉者たちを殺すために羂索と契約したってこと?

もし呪術廻戦が1000年前時点から始まる作品だったら、確実にこの天使が主人公じゃん(笑)。

ただそんな高尚な目的を持っているのは良いんだけど、それで自分自身も羂索と契約&受肉してるってのは、ある意味ちょっとおかしいね天使…

いくら器の自我を殺してないとはいえ、器の人生変えちゃってるのは事実だしw

まだイイヤツなのかどうか分からんな~。

 

ほんでもう一つ。

天使は受肉したプレイヤーを一掃するのが目的ってことはさ、来栖ちゃんと天使は受肉プレイヤーを倒せるくらいには強いってことになるよね!

そうじゃないと現世に来たところで意味ないもん。

この2人がどういう戦い方するのか。非常に気になりますな…!

 

あ、ちなみに東京第2コロニーは、海が多いからって理由で呪霊が多く存在したらしい。

これは秤と鹿紫雲戦でも出てきた情報だけども!

それに加えて鹿紫雲がプレイヤーを殺しまくっていたせいで、なおさらに東京第2コロニー内は呪霊の方が数が多くなってみたいですわ。

スポンサーリンク

 

受肉したプレイヤーが器の自我を殺していることが神の理-ことわり-に反していると話す天使。

「神」という言葉に反応する伏黒だが、天使は「私の信条に分かりやすく名前を付けただけだから聞き流せ」と返すのだった。

さらに天使は、自分の信条を守るために受肉後は共生する道を選んだと続ける。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

つまり受肉体は、場合によっては自分の意志で器との共生を選ぶこともできるのか。

受肉体にはメリットが少なそうだから同じようなキャラがこれから出てくることはないと思うけど、受肉体がわざと器を乗っ取らないケースが出てきたのはかなり重要だな。

つーか受肉においては、共生=こういう面白ボディになるのがスタンダードなのね(笑)。

 

続けて「天使の術式で受肉したプレイヤーを元の状態に戻せるか?」と質問する伏黒。

しかし受肉は呪物と肉体の融合であるため、不可能と断言はできないが九割九分死ぬと言われてしまう。

とはいえ伏黒たちの本来の目的は獄門疆を開門すること。

天使に尋ねたところ「呪物の封印を解くことならば可能だろう」と言われ安心する伏黒だが、その対価として以下の交換条件を突き出されるのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

「堕天-だてん-」。

その名前を聞いた瞬間、虎杖は宿儺の生得領域の中にお呼ばれされてしまう…

 

 

「馬鹿が口を滑らせる前に教えといてやろうと思ってな」

 

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

す、宿儺が「堕天-だてん-」???

ちょっとすごい名前じゃないですか…

堕天ってやっぱ「堕天使」から来てるんですか宿儺さんwwwww

あれかな。14歳くらいのときに名乗ってたのかなもしかして。

宿儺さんって堕ちた天使だったんだな~…そうかそうか…。

 

でも宿儺は周りから呼ばれてた呼称なのに、堕天の方はわざわざ「おれだ」って言ってくるってことは、自覚があるというか自ら付けたって可能性も全然高いよね(笑)。

うわ~マジですか宿儺さん…堕天…なるほど…

スポンサーリンク

 

悪ノリはこのくらいにしまして(笑)。

宿儺が堕天ってことは、ここから虎杖は天使にも命を狙われることになりそうだな。

マジで何人に命狙われるんだこの主人公はw

でも堕天の名前が出た瞬間に虎杖を呼んだってことは、宿儺もこの瞬間めちゃくちゃ焦ってそうだわ(笑)。

だって虎杖が乙骨に殺されたときなんて、心臓を刺されてようやく舌打ちしながら動き出してたくらいなんだもん。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<141話>ヤメてくれ乙骨
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ141話> 3月8日発売 週刊少年ジャンプ「呪...

それにさっき虎杖が、来栖ちゃんのほっぺに天使の口が現れたのを見て「あ、おそろい」って言っちゃってたしね!

アレを天使に聞かれてたら、虎杖も受肉体と共生してて、それが宿儺だってことを流れで話しちゃってもおかしくないし。

天使が話し始めた時も焦ってはいたけど、さらに堕天って名前が出てきて「これ以上はヤバイッッッ!!!」ってなって、虎杖が自分から話し始める流れになる前に生得領域に呼んだと。

そうなんですか宿儺さん!

 

ただこの堕天が宿儺のことだったとしても、今虎杖が取り込んでる宿儺の指は15本だから残り5本も残ってるんだよなぁ。

しかも宿儺の指は五条さんでも壊せないから、完全に破壊するためには一度虎杖に取り込んでもらうしかない。

だから天使の目的が本当に宿儺を殺すことなんであれば、まずは指を全部集めることになるはずなんだけども…

そんな悠長なことしてられないよねきっと。

っていう説明を堕天=宿儺って情報が出た段階で伏黒あたりが伝えると思うから、やっぱり先に先に五条さんを解放して死滅回游を終わらせてから~って説得する流れになるんだろうか。

でもわざわざ「先に堕天を殺すんだ!」って天使が言ってるし…どうなるんだろうこの後。

スポンサーリンク

 

今週はとりあえずここまでで終わり!

なんだけど、宿儺がわざわざ虎杖を生得領域に呼んだのはなぜなのか?って部分で思いついたことがあるんだよね。

ちょっと長くなるからまずは要点まとめるわ。

仮説

  1. 天使と堕天は過去からの因縁関係ではない
  2. 堕天は残りの指が受肉した宿儺
  3. 宿儺の目的は堕天を使った完全復活
  4. 復活する具体的な方法

まずは1の「天使と堕天は過去からの因縁関係ではない」と、2の「堕天は残りの指が受肉した宿儺」から。

天使って受肉者が器の自我を殺すことに怒ってるはずなのに、堕天であるはずの宿儺は実際のところ虎杖の自我を奪ってないのよ。

つまり虎杖の中の宿儺は天使の信条には反してないハズ。

それなのに他の受肉プレイヤーよりも堕天を殺すことを優先するということは、天使は信条とは別に、宿儺(=堕天)に対して個人的な因縁があると思うんだ。

ただもし1000年前から宿儺のことを知っていたとしたら、虎杖とか伏黒みたいな高校生に協力を頼むとも思えないのよね(笑)。

あんなクソ強い呪いの王を虎杖や伏黒がどうにかできると考えるワケないだろうし。

天使自身がめちゃくちゃ強くて倒せる算段があるんだとしたら、別に協力を求める必要もないしね。

 

それに羂索や天元は宿儺のことを宿儺って呼んでるのに、天使だけ堕天っていう違う名前で呼んでるのも違和感がすごい。

それなのに、宿儺は「堕天はおれだ」って言ってると。

ここから導き出されるのは、堕天は虎杖の中にいる宿儺ではなくて、残りの指が受肉した方の宿儺を指してるんじゃないかって説。

そしてそいつは堕天って名乗ってて、天使とは受肉後に因縁ができたと。

これなら天使が堕天を狙ってることにも、宿儺がそれを自分だって言うことにも整合性が取れるよね。

スポンサーリンク

 

お次は3の「宿儺の目的は堕天を使った完全復活」について。

まず宿儺がわざわざ虎杖を生得領域に呼んで堕天が自分だと自白した理由なんだけど、これは普通に考えて今の段階で殺されるのを防ぐためでイイと思う。

つまり宿儺は15本集まった現状だと「このまま死ぬのは避けたい」と思ってる、もっと言えば20本を取り込んだ状態で完全復活できる策があるとも捉えられるよね。

 

ほんでこの蛇足を書いてるのはコレを思いついたからなんだけどさ、もし宿儺の受肉体である堕天が虎杖を食べた場合、虎杖の中にある宿儺の指はどうなると思う???

おれ的には堕天側に吸収されるんじゃないかと思うんだけども。

 

宿儺は今虎杖に肉体の主従権を握られてるけど、これは虎杖が羂索の特別製だからなんだよね。

つまり無為転変とか何らかの方法で宿儺に耐えられる器ができて、そいつが宿儺の指を取り込んだとしても、虎杖と違って体は本来の宿儺の姿で受肉するワケだよ。

つまり肉体の主導権を持った状態の宿儺が復活する。

で、そいつが虎杖を食べると、肉体そのものも主導権も虎杖ではなく宿儺のものになって、晴れて完全復活が達成されると。

これだと恐らく生得領域内に虎杖がいるっていう、今とは逆の状態になるとは思うんだけど、

「小僧がおれの一部になるのは癪だが、まぁよい。これで肉体の主導権はおれに移る。」

って宿儺が言うシーンは脳内再生できるから、まぁアリなんじゃないかw

 

最後は4の「復活する具体的な方法」について。

これはもう満を持して登場の「契闊」ですわ。

とにかく堕天を殺したい天使を主導に虎杖たちを行動させて、一行が天と出会った瞬間に契闊。

宿儺に肉体の主導権が戻った状態で堕天のお腹にあるでっかい口に飲み込まれて、宿儺さんが完全復活する…と。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

誰も傷つけずに自分が喰われるだけだから、契闊の縛りに反することもないしね!

まぁ少年誌でカニバリズム的な描写はムリだろってなるかもしれんけど、この説なら堕天は宿儺本来の姿、つまり異形だから問題ないっしょ(笑)。

 

以上、久しぶりの妄想でしたw

「堕天が残りの宿儺の指の受肉体だったらどうなる?」ってところからムリヤリ繋げた説だけど、今のところ宿儺が復活するにはこんな感じの方法しかない気がするんだよなぁ。

宿儺が人を食べることはもう分かってるし、伏黒の術式に興味を示してるのは「思い通りの世界を作れるから」らしいし。

レンコンくらい穴だらけでツッコミ所もありまくるけど、せっかく思いついたから書き残しておくね(笑)。

 

いや~話が動いて面白すぎた今回。

ここまででもめっちゃ書いたけど、これでも拾えてない細かい描写もあるし、まだまだ書きたいことたくさんあるんだよな~!

でも疲れちゃったからこの辺にしとこう…

 

来週はいよいよ記念すべき200話\(^o^)/!

発売日がいつもと違って火曜日だから注意してね!

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした。

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

コメント

  1. クモ屋敷 より:

    ①憲紀君のお母さん、息子との約束を忘れた訳ではなく息子の新しい居場所として新しい家族を作ったんですね 安心しました 覚醒も死亡もありませんでしたがこれで救われそうですね
    ②それから憲紀君の名前、加茂家の偉い人が嫌がらせとして名付けたかと思いきや、お母さんがあんな家から出て自分の元に戻って欲しい思いでつけたんですね それを息子に言わないのはどうかと思いますが
    ③ところで憲紀君、また一人称が不安定になってきましたね 「俺」にすべきか「私」にすべきか迷っているのでしょうか?
    ④天使と来栖華、すくいた(宿儺様と悠仁君)と同じく呪物と器の人格が共存していますね いつか出るとは思っていましたが それから当初と違うコロニーに現れたのは術式の応用でコロニーの出入りができるからだったんですね 天元様が嘘をついていなかったのは幸いでした

    • トード トード より:

      クモ屋敷さん、コメントありがとうございます!
      ①加茂さんのために新しく居場所を作っていたかどうかは微妙な気もしますが…笑。でも帰れる場所があることは分かったので、これから加茂さんがそれに気づけるかどうか気になりますね!救われて欲しいです

      ②忌み名をあえて付ける=戻ってきてほしいからって理由はさすがに分からんですよね笑。ちゃんと伝えてたら今頃どうなってたのか…

      ③前から言ってますけど、単純にミスだと思いますよ笑。直哉くんも安定してませんでしたし。コマによって加茂さん自身として話してるか加茂家次期当主(元)として話してるか少し違う印象を受けるので、芥見センセ自身も間違えちゃったんじゃないでしょうか

      ④考えすぎかもしれないですけど、消滅と無効化のニュアンスって結構違うので、そこに意味があるのか気になってます。どうなんだろ

      コメントありがとうございました\(^o^)/

  2. ムギ より:

    宿儺、俺が堕天だってダサすぎでしょ·····。西洋的ニュアンスを宿儺に入れて欲しくないです。

    あと、天使と堕天が対になっていてガッカリしました。

    宿儺は絶対的で最凶最強の唯一無二であって欲しい。善と悪の分離みたいなものじゃなくて、清濁併せ呑んだ上で善悪も清濁も全てを圧倒して欲しい。

    というか、生得領域に虎杖を呼べるなら、いま領域展開の結界内と必中術式の中にいるのと変わらないですよね。他者の中に常に領域を展開してるの凄いですね。

    私、宿儺好きだったんですね。ここまで自覚したのは初めてです。

    • トード トード より:

      ムギさん、コメントありがとうございます!
      言いたいことはめちゃくちゃ分かります笑。宿儺は他の全てが考えるようなことを超越した存在でいてほしいですよね…
      ただ史実でも日本にキリスト教が伝来するじゃないですか。その時のアレコレがあって堕天っていう概念が日本に来たからかな〜とも思います。

      少し調べたんですが、スサノオノミコトって西洋でいうルシファーと被る設定というか、堕天使ルシファーと似てる境遇にあるらしくて。宿儺のモチーフがスサノオノミコトだったとしたら、宿儺自身が自らを堕天と名乗るのもおかしくはないのかなぁと。
      前にヤマタノオロチって名前が宿儺のセリフでも出てきましたね!

      いや!その認識はちょっと違うかもしれません!
      領域展開っていうのは構築した生得領域に術式を付与したものなので、生得領域=領域展開ではないんですよ。
      今回虎杖が呼ばれたのは単純に宿儺の生得領域=心の中なので、状況でいうと単純に宿儺の心の中で2人が会話しているという形になると思います。

      それとどこで説明されたか忘れちゃったんですが、体の中っていうのはある意味で領域と同じらしいんですよ。それに宿儺は今虎杖と体を共有しているので、そこに虎杖を呼ぶこと自体はそれほど難しいことではないと思います。

      キャラに対しての解釈が一致しない時にそのキャラのことが好きだったんだなって思うことありますよねwおれも呪術であった気がします〜!誰に対して思ったんだったかな…

      ただ最近のコメントでのやり取りを考えても、ムギさんは確実に宿儺のことを好きだと思いますよ笑。善悪うんぬんって考え方を持ってる時点でそう思ってましたw
      感性というか、倫理観を超越した部分で魅力を感じられるところに、いつも親近感を覚えてます笑。

      コメントありがとうございました\(^o^)/

  3. 八雲百怪 より:

    今週はなかなかに情報が出てきましたね。
    加茂さん掘り下げはまだまだ行われそうで安心しました。以前加茂さんの回想でお母さんが新しい家族といるコマが出たときにも思ったんですが。ぶっちゃけまともな幸福が欲しいなら、加茂さんも真希真衣も家を出て呪術から足を洗うのが一番早いんですよね。パパ黒も奥さんが死ななければそうなってたでしょうし。各家も多少はごねるかもしれませんが、伏黒が生まれたように外に血族のストックが出来て後々術式継承の可能性増える分には黙認されること多いと思うんですよね。
    考えてみれば相伝持ってて、等級持ちで、現場実績もある伏黒でも遺言状のごり押しが無いと当主候補案にも上がってないんだから加茂さん相当頑張ってたんでしょうね、たぶん派閥構築や根回し等政治闘争もやってないと無理ですよねw
    紫陽花に限らず花言葉は色でも変わるので深読みしてしまうのはわかります。母の日に黄色のカーネーションは送っちゃいけねえぞw

    これまでは華さんの服構造がよくわからなかったんですけど、今話の描き方だとサマーセーターの上にニット(?)のショートポンチョ重ねてる感じなんですかね。
    受肉したプレイヤーの一掃と見た瞬間、「うわー津美紀が受肉しちゃうパターンじゃないの」→でも伏黒・五条さんも把握してるうえで呪術界絡みの病院にいたんだから呪物埋め込まれてるかどうかは調べてるか→でも家入さん通さなかったら夏油の死体横流しされるような組織だしなあと色々考えてしまいました。
    天使は「受肉者死すべし慈悲はない特に堕天」なのか「諸々の事情はあるのだろうが受肉者は基本許せない。最悪でも堕天だけは倒したい」なのかで相当変わってきますね。
    個人的には宿儺を知っている者ほど、宿儺が受肉して肉体乗っ取れないことなんてありえないし、ましてや共存なんてするわけが無いという認識なので現状の虎杖は想定外すぎてなかなか気付かれないんじゃないかとも思いますね。まさか、過去の術者から宿儺を隠すためだけに虎杖作ってないだろうな羂索w

    確か宿儺は「みんなが宿儺って言ってたので宿儺」なので堕天とか宿儺とか他者が自分につけた呼称には無頓着なんじゃないですかね。下々の有象無象がなんと言おうと知ったこっちゃねーよてな感じ。
    トードさんの天使残りの指説で思ったんですが、5本指で過去に受肉→羂索と契約して再呪物化→今回再受肉となった場合、虎杖の中の宿儺と同一人格になるんですかね双子の様に似た別人になるんですかね。

    ちなみに日本神話には「あまつみかぼし」というルシファーと同じ金星をモチーフとした悪神がいますぜ。なぜかマーベル・コミックスのキャラにもなっています。

    • トード トード より:

      八雲百怪さん、コメントありがとうございます!
      家を出ると血が薄まるからな~って思ったんですけど、そういや非術師の家系からでも術式持ちが生まれることもあるんですもんね…呪霊操術とかがぽっと出てくることもありますし。相伝至上主義者は発狂しそうですけど、確かにストックや可能性が増えることも含めてメリットは結構ありそうです。まぁそれが気楽にできてたら加茂さんや真希真依みたいな存在はいないのかもしれませんが(笑)。頭固いな~御三家って!

      黄色のカーネーションの花言葉は嫉妬や侮蔑、軽蔑、愛情の揺らぎ…なんで黄色だけこんな意味を込められてるんでしょwww

      服は詳しくないのでよく分からないんですが、おそらく八雲百怪さんが言ってる感じでしょうね!死滅回游が始まって以来、ようやく季節感に合った服装のキャラが出てきて安心しました(笑)。半裸のヤツが多すぎる…
      これまで「姿が変わってない」っていう理由で津美紀は術式覚醒型だと思ってたんですが、今回の天使の一件で共生型受肉体になってる可能性も出てきちゃいましたね~どうなんだろう!まだおれ的には術式覚醒型じゃないかとは思ってるんですが、伏黒がより曇る展開はなんだって考えると津美紀周りだと思うので、実は受肉型だったって展開は普通にありそうですね…

      あ~確かに虎杖なんていうイレギュラーな存在がいるなんて思わないですし、昔の宿儺を知る術師の方が気づかないって考え方は筋が通るなぁ!そして虎杖は過去の術師から宿儺を隠すためなんじゃっていうのもめちゃくちゃありそうで笑っちゃいました。
      羂索の任意の場面で解放させるために、その瞬間まで宿儺に恨みを持つ過去の術師から隠すため…みたいな。ただ、羂索がそれだけのために自らお腹を痛めてまで虎杖を生んだんだとしたら、なおさらイカれてることになりますがw

      そうそう、宿儺が別で受肉した場合の意識はどうなるのかってところはおれも気になってたんですよね!記事では書き切れないので途中でやめちゃったんですけども(笑)。
      でも指を通して伏黒に「それでいい」ってしてたので、おそらく意識自体は指全てで共通してると思うんですよ。なので力が強い個体の方がその気になれば弱い方を操れるけど、そうじゃない時は弱い方も宿儺そのものとして行動するって感じかな~とは思ってます。
      とはいえどうせ宿儺は普段ヒマしてるので、もし別で宿儺が受肉してたとしたら基本的にそっちの体を操ってそうですw

      あまつかみぼし、ちょっと調べてみたんですけどかっこいいですね!
      wikiにある「まつろわぬ神」ってところも良い…宿儺感ありますwww

      今週もありがとうございました\(^o^)/