【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<177話>敗北を知りたいリーゼント

呪術廻戦の感想ネタバレ考察

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!
面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ177話>

3月7日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」177話「仙台コロニー④」

呪術廻戦だーい\(^o^)/!!!

ほんで呪術廻戦最新19巻の表紙も発表されたぞ!!!

日車!!!ヒマワリが枯れとる…

でも背景がすごい晴れ渡ってんなぁ。歴代の表紙と比べるとかなり爽やかな感じ。

ヒマワリ、つまり弁護士という仕事に対する情熱は枯れちゃったけど、虎杖に出会ったことで日車の世界の空はもう一度晴れた、みたいなことを表してるのかね?

でも左上の空が少し色が濃いのは気になる。漫画家さんなら意味もなくこんな色分けしないだろうし(笑)。

なんなんだろ。

 

あ、そういえば今日(昨日)、仕事を辞めるって話を上司にしたのよ!!!

5月いっぱいで辞められそうだからもうハッピー。先のことマジで何も考えてないから不安もあるけどwww

楽しい人生送りてぇなぁ。

 

よし、それじゃ今週も本誌の内容見ていこう!!!

スポンサーリンク

【呪術廻戦177話】石流龍が第2の人生を望んだ理由

グラニテブラストの連打をかいくぐり、石流への接近に成功した乙骨。

バトルが激化!するかと思いきや、2人は直立したまま少し言葉を交わすのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

三つ巴の戦闘中にタバコ…かっこよすぎるだろ石流(笑)。

タバコなんて人間にとって絶対イイもんじゃないってことは分かってるけどさ、それでも映画とか漫画でタバコ吸うシーンのかっこよさを考えると「この世にタバコがあってマジで良かった…」って思っちゃうよねwww

今はワンピースのサンジしかタバコ吸うキャラぱっと思いつかんけど、サンジだけでもお釣りが来るレベルでかっこいい。

サンジがタバコ吸うシーンで一番かっこいいのってどこだろ。

やっぱエネル戦の「タバコの火ィほしかったトコだ…」か?

いやでもウォーターセブンでロビンちゃんが乗り込む海列車を見つけたときの「ビンゴ…」のところもかっけぇな!!!

うーん、まだまだあるな。決められません。

 

話を戻そう(笑)。

 

乙骨に「一度目の人生は腹八分目ってとこだった」と話し、特段悔いが残るような人生ではなかったと続ける石流。

石流は他の人から見れば十分幸せな人生を歩んできたけど、それでも自分ではまだ満ち足りていないと感じたため羂索と契約して第2の人生を歩むことにしたみたいです。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

愛用してるタバコの後味の甘さに言及したり、乙骨のことを「お前がおれのデザートか?」って言ったり、乙骨のことを閉店間際のスッカスカのケーキ屋に例えたり。

先週も真正面から突っ込んでくる乙骨を見て「SWEET!!」って言ったりさぁ、ホントに石流は人生のデザートに出会うことだけを切望してるんだね。

ほんで大事なのは、石流が言うこのデザートってのは一体なにを指していて、石流は何を望んでいるのかってことだ。

今週の石流が乙骨に言ったセリフをちょっと振り返ってみよう。

石流龍のスイーツ語録

  • 「オマエはご馳走を前にしたガキにゆっくり落ち着いて食べなさいっていうのか?」
  • 「一度目の人生は腹八分目ってとこだった」
  • 「このタバコ、吸った後少し甘いんだ」
  • 「俺の人生にはデザートがなかった」
  • 「満ちてねぇから不満なんだろ!!」
  • 「オマエが俺のデザートか!?乙骨!!」
  • 「…オマエじゃなかったのか」

デザート欲しい!!!って言ってるリーゼントの男が「このタバコ、吸った後少し甘いんだ…」って言ってきたら絶対吹き出しちゃうわおれwww

可愛すぎるんだよこのセリフ…!!!

身長高くて顔も良いイカツいヤンキーが伏し目がちにこれ言ってきたらもう、、、好きになっちゃうじゃん。

男のおれでも好きになる(笑)。

スポンサーリンク

 

まぁとにかくここまでの発言をまとめると、石流はつまり敗北を知りたい」って思ってるんだなwww

一度目の人生でもイイ女と巡り合えた上に強いヤツと戦うこともできてたのに、なぜか漠然とした不満がある。

それはもう暗に「自分より強いヤツと戦って死にてぇんだ俺は」って言ってるのと同じだもん。

石流こそが伏黒が言ってた戦闘狂の過去の術師ってことだな…。

 

ほんで石流は乙骨の強さを目の当りにしたことで「乙骨こそがおれにとってのデザートだ!」って思ったんだけど、乙骨が疲弊してるところを見たことで失望しちゃった。

そして出たのが今回のスッカスカのケーキ屋の例えだ。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

このケーキ屋の例えはちょっと分かりづらかったけど、つまり言いたいことは「どんなに強い術師でも疲弊した状態じゃ意味ねぇじゃん」ってことだね。

正直、ここ読んだときは「それならもっとはやく乙骨のところに来とけよ…」って思った(笑)。

でも石流は黒沐死戦のイカレ具合を見たことで乙骨の強さに気づいたんだろうから、そう考えると仕方ないのかもしれんな。

 

いや~、裸にファー付きジャケット着てタバコ吸ってるリーゼントの物憂げ長身ヤンキーか…すごくイイですね。

しかも強いヤツと戦って死にたいって漠然と思ってるとか最高すぎるぞ石流。

死滅回游のプレイヤー、今のところ良いキャラばっかりで驚いちゃうよね(笑)。鹿紫雲がどういうキャラなのか明かされるのが今から楽しみだ。

でも強いヤツと戦って死にたいって思ってるなら、この先石流が味方サイドについてくれる展開は難しそうだなぁ。

レジィも死んじゃったし。

石流の命もそれほど長くはないのかもしれん、、、

スポンサーリンク

【呪術廻戦177話】烏鷺さんの術式がちょこっと判明!

お次は烏鷺さん周りを見ていこう!

先週も烏鷺さんの術式についてアレコレ考えてたけど、いくつか予想が当たってたっぽいぞ!!!

まず一つ目が烏鷺さんの移動方法。

思った通り空間の弾性エネルギーみたいなモンを使って移動してるみたい。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

パラパラ~って読んでるだけだと分かりづらいけど、右上の背景が歪んでたわんでるように見えるよね。

プロレスでリングロープを使う感じでビョイーンって飛んできてるのな。どのくらいの速さで移動できるんだろうコレw

 

そしてもう一つ考えてたガードを無視できる攻撃は、やっぱり「面として捉えた空間を割るイメージ」で発動するみたいだ。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

技名は「宇守羅彈-うすらび-」っていうらしい。

薄氷は「うすらひ(うすらい)」とも読むから宇守羅彈って名前はそこからきてるのかな。

ほんで宇守羅彈の発動条件は、コメントで話した通り両手を使うことっぽいね!

先週でガード無視攻撃が描写されてたところでも六王銃みたいに両手使ってたし。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<176話>石流龍が期待に応えてくれました
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ176話> 2月28日発売 週刊少年ジャンプ「...

ただ前回おれが予想してたように空間を割ることでガードの向こう側に干渉するってワケではなくて、単純に空間そのものを割ることでガード無視の攻撃を繰り出してるらしい。

 

…なんつったらいいんだコレ。

乙骨のガードを破るのは難しいけどそのガードがある空間自体を割ることはできて、空間を割ることで間接的にその空間内にある乙骨の肉体にもダメージを通すことができるって感じかな??

前回空間を歪めるだけじゃ空間内にある物体に影響はないってことは分かったけど、空間を割るってなったら空間内の物体にも影響を与えられるみたいだね。

スポンサーリンク

 

ほんでもう一つ。

これは誰もが予想していたであろう「烏鷺さんは石流に対する相性がすこぶる良いんじゃないか」ってポイントだけど、予想通りすぎる展開があって笑っちゃった(笑)。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

この技使えたらめちゃくちゃ楽しそうwww

それに石流の呪力ビームも威力は相当なハズだから、烏鷺さんがその力を自分でコントロールできるタイミングまで何回かその場で回転してるって描写もリアルでイイわ~~~

実際にでっかい鉄球をパスされた時、その鉄球を受け取った流れのまま放り投げるとしたら烏鷺さんみたいに3回くらいは回転する必要ありそうだもんね。

伝わるかなこのイメージwww

 

しかし烏鷺さんの術式、移動方法も確立してるし近距離でのガード不可攻撃もできるし敵の攻撃を逸らすどころか利用できる方法もあるしで、かなり汎用性高いな。

遠距離攻撃をそのまんま反射して使えるってだいぶ強いよね。良い術式だ。

正直、元暗殺部隊って言ってたからもっとひっそりした感じの術式かと思ってたけども(笑)。

思ったよりもだいぶハデなバトルしてるなぁ烏鷺さん。

 

…つーか今回改めて思ったけど、なんで服着てないんだこの人wwwww

術式のせいで服を着てても破れちゃって意味ない、とかでもなさそうだし。

ただの趣味だったりするのか…???

でも全裸でも全然寒くなさそうなところを見ると、おれがずっと言ってるコロニー内は空調完備されてる説も信憑性がだいぶ増してくるね(笑)。

スポンサーリンク

【呪術廻戦177話】乙骨、ついにリカを呼ぶ

よし、それじゃあ最後は乙骨について見ていこう!

 

石流と烏鷺さんによって息が上がってしまうほどに追い込まれた乙骨は、今まで会話か2人はどちらも非術師を積極的に殺すことはないはずだと考える。

そして非術師たちのいるスタジアムからあまり距離を取れなかったことを気にかけつつ、ついにあの名前を呼ぶのだった…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

来た…ついにリカの全貌が明らかになる~~~\(^o^)/!!!

でも「全部」ってどういう意味だ?

左下の煽り文からすると0巻の時とは真逆で乙骨自身がリカの全部を呼んでるっぽいけど。

 

リカの全部…うーむ。

そういやリカってずっと体の一部だけしか出てきてなかったんだよね。

この言葉は単純に「今回はリカの全身を顕現させちゃうぜ~」ってことでいいのか?

今までは湿骨林からカツユの一部を口寄せして使ってたNARUTOの綱手みたいにリカの一部を引き出して使ってたけど、ちょっとピンチだからリカの全部を呼び出してフルパワーで終わらせちゃおうみたいな感じかな。

リカって一部だけ顕現した状態でもあの虎杖を完全に拘束できるくらいのパワーがあったし、完全体リカを呼んで暴れさせるっていう展開は全然ありそう。

 

あとは夏油が里香ちゃんのことを「底なしの呪力の塊」って言ってたことから考えて、リカは乙骨が作り出した呪力タンク的な存在でしたっていうパターンね。

乙骨は日頃からリカっていうタンクに呪力を貯めてて、今回の連戦で呪力をほとんど消費しちゃったから補充するためにリカを呼んで呪力を全部乙骨が使えるようにする、みたいな。

これも綱手が使う百豪の術っぽいけどwww

もしかしたら乙骨って綱手なのかもしれん…

それか自分の呪力が大きすぎて、普段はそこまで必要ないからリカに呪力を振り分けることで使いやすくしてる、とかも考えられそう。

自分にだけ莫大な呪力があるより、リカにもある程度の力を分けといた方が使い勝手良さそうだし。

スポンサーリンク

 

つーか乙骨って里香ちゃん時代には術式コピーが使えてたけどさぁ、リカになった今も術式コピーは使えるんかな??

もし使えるんだとしたら「今までにコピーした術式を全部使うぞリカ」って意味で「全部だ」って言ってる可能性もあるかも。

でも術式コピーに関しては里香ちゃん時代に里香ちゃん経由でしか術式コピー使ってなかったこととか、里香ちゃんが乙骨の由来(=術式コピーも本来は乙骨の能力のはず)ってこととか、色々な要素があるからよく分からーん!!!

どうなんだろ。そもそも乙骨自身は術式コピー使えないのかね…??

ただ今までの戦いを見てて思ったけど、なるべく手の内を明かさずにいたいって考えてたとしても、コスパが悪い反転術式をあんだけぶん回しまくって疲弊してるのに術式コピーを温存してるってのはちょっと違和感あるわ。

やっぱり術式コピーは里香ちゃんとかリカ経由でしか使えないシロモノなのかな。

それとももう術式コピー自体が使えなくなってるか。どっちなんだろ~気になる!!!

 

でももし乙骨が術式コピー使えるとしたら烏鷺さんと石流の術式をコピーしてそれぞれに意趣返しする展開もありそうだw

烏鷺さんには乙骨の呪力量による爆発的な打撃を宇守羅彈でガード不可にしてお見舞いして、石流には石流の呪力ビームを飲み込んじゃうくらいの特大呪力ビームを放って瞬殺って感じで(笑)。

 

はー来週が楽しみすぎる…はやく読みてぇ。

スポンサーリンク

【呪術廻戦177話】乙骨の反転術式レベルがエグい

もう一つ書いときたいことがあるんだけどさ、乙骨の反転術式ヤバくない???

今週の石流とのバトル中、乙骨が頭を狙って殴りにいってて石流は呪力ビームで応戦してたけど、結局乙骨が押し負けてぶっ飛ばされたじゃん。

そのあとのコマを見ると乙骨の右手がだいぶダメージ負ってるのよね。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

なんだけど、この後のラストページではちょこっと傷があるくらいにまで回復してんの。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

すっげぇ…宿儺レベルの反転術式だろコレwww

0巻で真希さんの足治したところを見てハイレベルなことは分かってたけど、欠損を治せちゃうくらい強力だとは思わんかった(笑)。

真希さんの足は重症ではあっても欠損はしてなかったハズだし。

 

ほんで乙骨にここまでダメージ与えられる石流もすごい。

肉弾戦してたときも乙骨が「ちゃんとガードしないと僕でもダメージを受ける」って言ってたけどさ、やっぱ呪力出力が高いと普通の打撃の威力もすごいことになるんだね。

それを「ガードすればダメージ入らない」って言ってる乙骨もありえないし、そんな乙骨に大ダメージ与えてる石流の呪力ビームも相当ヤバいことが分かるわ。

お互いの格が落ちないバトル、イイです。

 

つーか乙骨はここまでに何回も反転術式使ってたんだね!

黒沐死戦で使ってたのは分かったけど烏鷺さんの攻撃を受けたときも使ってたとは思わんかった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

そう考えると烏鷺さんの攻撃も中々すごいんだな…

初撃は五条さんの赫くらいぶっ飛ばしてたからすげーって思ったけどさ、その後の攻撃はしょっぱかったからそこまで威力があるようには見えなかったもんw

 

まぁそんな感じで乙骨は反転術式を使いまくりながら戦ってて、石流と烏鷺さんの猛攻を受けたことでついに呪力に底が見え始めたと。

そこでリカを呼んで今週は終わり!!!

いやーーー面白い。この感じだと来週はもっと盛り上がりそうだねw

スポンサーリンク

 

しかし乙骨の反転術式のレベルの高さにはマジで驚いたな。

それと同時に反転術式の呪力消費量がすごいってことも分かったから、常に反転術式を回してる五条さんのヤバさもよーくわかった(笑)。

たしか五条さんは六眼があることで緻密な呪力操作ができて、さらに術式をオート発動にすることで呪力消費を極限まで減らしてるんだよね。

でも術式を常に発動し続けることは脳に多大な負担を与えてしまうから、五条さんは脳に反転術式を使い続けることで常に脳みそをリフレッシュして補ってる

だから莫大な呪力量を誇るとはいえ上限がある乙骨とは違って、五条さんは永久機関が完成してるから「呪力がなくなる」事態に陥ることがないと。

乙骨も虎杖と追いかけっこしてるときに「僕には呪力切れがあるけどあの人にはない」って五条さんのことを褒めてたけど、やっぱり五条さんはおかしいわw

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<140話>乙骨憂太もゴリラでした
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ140話> 3月1日発売 週刊少年ジャンプ「呪...

ほんで乙骨は今まさに自分が言ってた通りの展開になってるのか。

まぁリカちゃんを呼ぶことで乙骨の呪力が全回復しちゃう可能性はあるけど(笑)。

石流と烏鷺さんがちょっと可哀そうだなコレ…

 

そういえば呪術読み返して気づいたことがあって、虎杖たちがコロニーに入った日時と乙骨がラクダのおじいちゃんを斬った日時って明かされてたんだね!!!

虎杖たちが東京コロニーに入ったのが11月12日の12:00、乙骨がラクダおじいちゃんを斬ったのが11月12日の11:28。意外とラグがない。

もちろん虎杖が日車を懐柔してポイント譲渡ルールを追加してもらうまでにも羽場さんとのバトルとか甘井と移動してる時間がある。

でも前考えたように、乙骨が烏鷺さん・石流と戦ってる間にポイント譲渡ルールが追加される展開は全然ありそうだ。

もしこれが現実になれば石流も烏鷺さんも乙骨に殺されなくて済みそうだねw

ほんで乙骨がポイント譲渡してもらったらまた新たにルールを追加することになるだろうけど…ポイント譲渡ルールの次は何追加するんだろ。

コロニー間の連絡を可能にするルールかなぁ?

(※乙骨が追加しようとしてるルールは↓の記事にまとめてあります)

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<174話>乙骨憂太さんがカッコよすぎる
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ174話> 2月7日発売 週刊少年ジャンプ「呪...

コロニー間の移動を可能にするルールはコロニー平定前に追加することはないって乙骨が言ってたし、仲間内でポイント回せれば死ぬことはないからコロニー離脱ルールも優先順位は低そう。

仲間と連絡が取れないのってかなり不便だろうしなぁ。

まずはプレイヤー同士で連絡が取れるようになるルールを追加してこれからの動きを話し合う感じになりそうだ!

 

はい、今週はそんな感じでーす\(^o^)/!!!

はやく次の話読みたいね。めちゃくちゃ楽しみ。

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした。

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

コメント

  1. 八雲百怪 より:

    今週もまとめお疲れ様です。
    以前に映像系の監督さんが言ってましたが、煙草を吸って吐くなど「間」を表現するのにすごい便利なんだそうですよ。飲み物を飲むや窓の外の景色を見るといった行動と違って、立ち位置や姿勢を気にせず区切りや緩急を表現できるのいいとか。
    前回くらいから思ってたんですが、羂索は受肉させるための素体とか結構意識的に選別してるかもですね。公式ファンブックが見つからなくて確認できないんですが、受肉した際にその肉体の知識等得てるので現代に対応できてるはずだったので。死に際して漠然と「これでよかったのか自分の人生」とモヤっとしてたモノを抱えてた人をスカウトして。羂索なりに分析して「物足りなさ」の石流には人生はコース料理のように驚きと楽しみが必要と考えてるロックな兄ちゃんにセット。環境に不満を持ってた烏鷺さんは自立心旺盛な活動的な女性にセットという感じで受肉後に気づきを得るようにしてるのかなーとか思いましたね。裏で糸引くというよりアフターサービス的なケアとして。
    レジィとか非活動的で経済観念ゼロな子供とやり手のビジネスマンや資産家の知識得るのじゃ雲泥の差が出てくると思うんですよねw
    乙骨の術式楽しみですねー、確か里香ちゃんはバグった存在(再生怪人パパ黒と同じ表現)だったので、底なしの呪力か術式コピーのどちらかがバグの結果だと思うんですが・・・

    • トード トード より:

      八雲百怪さん、コメントありがとうございます!
      はえ~なるほどそういう理由もあるんですね!煙草吸ってるシーンはかっこいい上に制作側にもメリットがあるとか最高だwww

      器の選別ですか!羂索が自分の身体(自分のものではないですが)を使ってまで宿儺の器を作ったところを見てもありえそうです。
      ただ、受肉すると器が持ってる知識を引き継げるっていうのはそうなんですけど、一つ引っかかってるのが肉体はどうなんだってところなんですよ。九相図が受肉したときは呪物本来の肉体に更新されてたので石流もそのはずだって思うんですが…それにしたってリーゼントなのは気になりますよね(笑)。記事でも書いた気がしますが、石流は昭和あたりに羂索からスカウトされた術師だったのかなーって思いました。

      レジィはたしかに器の持ってる知識によってその後の動きがかなり変わってきそうwwwレシートとか領収書を調達できる場所知らないとだいぶきつくなりますねwww

      乙骨の術式楽しみです!
      あの夏油の「底なしの呪力」ってほんとに底なしだったから言ってたんですかね?それとも「底なしかってくらい多い」ってことなのか。後者だったらそこまでバグ感は感じませんが、前者だったらバグだとしても納得できます(笑)。
      ただここまででも乙骨自身の呪力量がエゲつないってことは明かされてるので、ためにためてる術式コピーの方がバグっぽい気もしますね。強いけどリスクが高い呪言をメガホン使うことでノーリスクにするとかズル過ぎますもんwww

      今週もありがとうございました\(^o^)/!

  2. 能あるゴリラ より:

    全部呼ぶときは指輪を介す必要があって全部じゃないときは刀からみたいなんでしょうか?

    • トード トード より:

      能あるゴリラさん、コメントありがとうございます!
      いやーーーどうなんでしょう!でも刀の方はそこまで重要なモノって感じはしないんですよね。ちょくちょく折れたりしてるのでw
      だからリカを呼ぶのに必要なのはあの指輪だとは思うんですが…全部呼ぶのにつける必要があるのかどうかはちょっと分からないです(笑)。

      ただ乙骨と里香ちゃんは砂場で指輪を渡した時点で縛りが発生してた可能性も考えられるので、そうなのであれば「指輪をつける」って行為自体が里香ちゃんとの契約を再履行するために必要なのかもしれませんね。
      ほんでリカはあくまで里香ちゃんの分体で、指輪をつけて名前を呼ぶと里香ちゃんが魂の世界からまた戻ってくるみたいな(笑)。0巻の終わり方がかなりキレイだったので里香ちゃんがまた戻ってくる展開はどうなんだとは思いますが、、、
      もしかしたら、今までにも作中で肉体と魂の関係について頻繁に触れられるのは「呪術には魂の世界がありますよ」ってことを示すためだったのかもしれません。オガミ婆もパパ黒を降霊術で復活させてましたし、乙骨ほどチートな術師だったら好きなときに里香ちゃんを呼び戻せてもおかしくはないなと思いますw
      里香ちゃんも乙骨に呼ばれるんなら喜んで来るだろうしなぁ…

      はやく次回の話読みたいですね\(^o^)/コメントありがとうございました!

  3. クモ屋敷 より:

    石流さんと烏鷺さんも凄い戦闘力ですね 特に石流さんの呪力出力はメカ丸絶対形態といい勝負かもしれませんね でもあちらは使える時間に制限がありそうだった大分不憫に思えてしまいます
    また、2人の罵倒が昔の人にしては現代的ではないかという意見を見かけましたが、受肉体は宿主の脳からある程度知識を仕入れられるという情報がファンブックに載っていたので特に違和感はないと思います
    因みにそこそこ前の話になりますが、コロニー間は移動できないと判明したことにより、来栖華が術式の応用で移動した可能性の他にも、天元様が嘘を吹き込んだ可能性が浮上したそうです これにより学長以上の内通者の正体が天元様ではないかという考えが出回るかもしれませんがどう思いますか?

    • トード トード より:

      クモ屋敷さん、コメントありがとうございます!
      そうですね~メカ丸が天与呪縛で得た今までの呪力を莫大に消費しながらあの火力を出してたことを考えると、石流の呪力出力エグいなってなります(笑)。それによって肉弾戦も乙骨に押し勝つレベルになってるのすごいですよね。

      天元はおれも怪しいなって思ってます!あの笑顔に騙されそうになりますけどw
      でも虎杖たちを陥れるために嘘をついているというよりはあえて話してないこと、隠してることがあるって言った方が正しいような気がするんですよね。なので内通者の件は個人的にはないんじゃないかな~とは思ってます!具体的な根拠はありませんがw
      天元と羂索の過去の関係性が気になりますね\(^o^)/

      コメントありがとうございました!

  4. よちむん より:

    トードさん

    はじめまして。
    ずーっとブログ拝読していて、今回初コメントです(>_<)

    というか、こういうこと自体が初めてで、なにか不快な思いをさせてしまったら申し訳ないです。。

    もともとは呪術廻戦のネタバレ検索で辿り着いたのですが、プーさんパジャマとか、マッツ・ミケルセンとか、滲み出る生き物への優しい目線とか、なんだか勝手に親近感が湧いて、今ではトードさんの大ファンです。

    更新がなかったので、トードさんがお元気か心配になってしまいました。
    もちろん大丈夫なら全然いいのですけれども!

    ネタバレ記事はいつでもいいのですが、もしもフィジカルやメンタルがお元気でないなら、どうか早く回復されますように。

    心配のしすぎだったら恥ずかしいんですけど!笑
    そうであることを祈ってます。

    • トード トード より:

      よちむんさん、コメントありがとうございます!
      なんかすっごい心配させてしまってすいません(笑)。そして更新全然しなくてごめんなさいー!!!元気は元気なんですけど、色々あってこれからブログどうしてこうかなぁってずっと迷ってるんですよね。

      親近感…すごい嬉しいです!でもプーさんパジャマってどこで書いたっけなwww
      そしてよちむんさんもマッツ・ミケルセンのことを好きっぽいのが嬉しいです(笑)。自分の周りには存在を知っている人すらあんまりいないので!

      今週の感想記事は明日中に投稿できると思います。いつも遅くてごめんなさい!おれ自身は元気なので大丈夫ですよ!心配してくれてありがとうございます。よちむんさんは優しい人ですね

      コメントありがとうございました\(^o^)/またよろしくお願いします〜!