【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<45話>ハンガーラックの悪い顔を見よ…

呪術廻戦の感想ネタバレ

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!
面白すぎる漫画、呪術廻戦のネタバレ感想書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ45話>

2月2日発売週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」45話:賢者

この話の収録巻↓

内通者はいまだわからず

呪霊を討伐すると燃える札が全炎上。
それをみて五条悟ら教師陣もなにかあったことを察して動き始める。

 

初出のキャラ「天元様」が出てきたね。名前だけ
東京校に結界を張ってる偉い人っぽい。重要度は全然違うだろうけど、鬼滅の耀哉にぃさんみたいなポジのキャラかな?

そんでこれから夜蛾さんが天元様のところに安否確認みたいな感じで行くみたいだけど、きっともう殺されてちゃってんだろーな

夜蛾さんの戦闘シーン見てえええ!!でもきっとまだ無理だよね

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

それと冥冥はお金大好きキャラ全開すぎて、順調に内通者フラグをおっ立てまくってますねえ、、。

でもここまであからさまだと逆に内通者ではなさそうだ。一体だれなんや…

スポンサーリンク

ハンガーラックのハゲエプロン、悪い顔してるわあ

ハンガーラックが出した帳は「五条悟の侵入を拒む代わりにその他すべてのものが出入り可能な結界」で、なかなかハイレベルらしい。

ってことはハンガーラックはけっこう実力者なのかな?
でも初めて帳出しましたよ感たっぷりだったよね、謎だ

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

しかしめっちゃ悪い顔してるわハンガーラックw

そもそも呪霊なのか呪詛士なのかもわかんねーんだよな。でもあのルックスで街歩いてるのはさすがに目立つから呪霊かなw

それなら一般人には見えないしね

 

つーかスヤッスヤの三輪ちゃんほんとカワイイ

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

よだれ…///

スポンサーリンク

花御さん回でした

狗巻と呪霊「花御」が伏黒と加茂の前に現れ、花御VS狗巻・伏黒・加茂戦が始まる。
だいぶ初期から登場してた花御だけど、やーっとどんなキャラが判明した!

まさかの敬語タイプでしたか…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

初登場に漏瑚に「キモいからしゃべるな!!!」ってキレられてたときも敬語でしゃべってたって思うと愛くるしいなw

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

地球のために人間を滅ぼそうとしてる(星の守り人)ってことは、花御は人間の負の感情から生まれたわけじゃないのかね?

「植物から人間への怒り」から生まれた呪霊?気になるわ

 

かなり強そうだなぁ花御さん。加茂さんの赤血躁術の一撃も鵺の攻撃もノーダメ
狗巻の呪言も一瞬だけしか効いてないみたいだし、さすが特級だ。

それと「花御は独自の言語体系を確立してる」っていう伏黒の発言のあとに加茂さんが「狗巻を下がらせろ」って言ってたけど↓↓、

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

ってことは、呪言は違う言語を使う相手には効きが悪くて相性悪いんかね?
それとも普通に疲弊してるから?どっちなんだろ

スポンサーリンク

あとあれだね。やっぱ呪術廻戦はキャラ同士のやり取りがリアルでいいよね。
伏黒がいつの間にか持ってた刀に加茂さんが疑問浮かべてるコマもちゃんと用意するのはさすがだわ。

でも特級を目の前にしてほのぼの会話しすぎじゃねーかなあw

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

狗巻のおにぎり語を理解してる伏黒にこのタイミングで「ちょっ、、」ってなってる加茂さんもだけど、伏黒も

相手は領域を使うかもしれません(キリッ)」

じゃねーよwww相手目の前にいるってwww

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

そんで今週は花御が3人に歩み寄っていって「死して賢者となりなさい。」で終わり。かっちょいい

来週は花御の術式とか見れそうで楽しみだ!!\(^o^)/

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ、トードでした

コメント