【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<153話>ついに秤金次が登場!

呪術廻戦の感想ネタバレ考察

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!
面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ153話>

8月2日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」153話「賭け試合」

前回の呪術廻戦が6月14日だったから約1ヶ月半…

長かったー!!!ほんでその間ブログ何も更新しなくてごめーーーん!!!

マジでどうやってもやる気が全く出なくてね…言い訳なんだけども(笑)。

行動できない自分にまた落ち込んで~っていう悪循環にはまっちゃって何もできませんでした\(^o^)/ごめん

まぁでも呪術の連載も再開したし、おれもまたぼちぼちブログ頑張ろうかなって思ってますので!よろしくね~!

そんじゃ久々だからさっそく本誌の内容見ていこうか。いくぞ!!!

【呪術廻戦153話】秤金次、思ってたより悪そう

真希さんが禪院家を滅ぼして終わった前回。

所変わって今回は、天元と話し合いをした薨星宮から始まります。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

秤は今栃木県にいるのか…

つーか賭け試合の胴元してるとか思ってたより悪いヤツ感すごいなwww

※胴元…博打などの親元。元締め。

ただのヤンキーキャラだと思ってたのに半グレやんけ…。東京校の2年ズが「ろくでなし」みたいに言ってたのはマジだったみたいだね(笑)。

東堂の代わりになり得るような良いキャラを求めてたけど難しいかもな。

 

ほんで久々の脹相だ~~~\(^o^)/!!!

しばらく見れないと思ってたから嬉しい。相変わらずすごい髪型してるぜ…!!

あと天元はマジでなんでも教えてくれるんだな(笑)。それだけ危機的状況だってことだろうけども。

でも虎杖と天元が話してると「物知りじいちゃんの話を聞くのが大好きな孫(虎杖)」ってシーンにしか見えなくなるんだわ…w

天元の優しい笑顔を見たい人は過去記事でどうぞ↓

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<145話>ニセ夏油オマエそんな名前だったのか…
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ145話> 4月12日発売 週刊少年ジャンプ「...

 

いま秤は術師同士の殴り合いで賭け試合を行っており、それで金を稼いでいると話す天元。

その賭け試合の客が非術師であると察した伏黒は秤が呪術規定8条の「秘密」に抵触してることに軽く引くが、天元は気にする素振りもなく「用心していきなさい」と二人の背中を押すのだった。

 

再び場所は変わって、栃木の某所。

伏黒と虎杖は高専とバチバチ状態の秤に高専関係者とバレないよう、制服を着替えて立体駐車場跡地に向かう。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

コレ芥見センセさぁ、絶対休載中にハンターハンター読み返してたろwww

モブ門番の見た目とコマ内の配置が完全にハンタのそれ過ぎるんだがwww

今までも所々にハンターハンターみを感じることはあったけど、キャラそのものがハンターハンターぽいって思うことはさすがになかった気がするな…

どんどん寄ってきてるわw

スポンサーリンク

 

伏黒と虎杖が立体駐車場に入ってくるのを見たモブ門番二人は、強い口調で立ち入りを制止しつつ近づいてくる。

「回れ右以外の選択肢を選んだらおれに殴られる」

しかし伏黒は気にせず賭け試合への出場を要求し、殴られそうになるのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

肝座りすぎやろ伏黒…

まぁでも常に死と隣り合わせの世界で生きてるしね。ムキムキの非術師に凄まれるくらいなんてことないかwww

このお兄さんも非術師の中では強いんだろうけどなぁ。いくらガタイが良くても術師相手じゃムリだよな。

あ、でもこの二人が術師である可能性もなくはな……いやないか(笑)。

 

モブ門番の質問に「殺したから(嘘)名前は知らない。ひと月くらい前だ。威勢だけのクズがいたろ」と答える伏黒。

伏黒の嘘を聞いて勝手に辻褄を合わせてしまったモブ門番は胴元に電話をかけ、伏黒ではなく虎杖が出場するのであれば良いとの許しを貰う。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

伏黒ポーカー上手そ~www

おれ思ってること全部顔に出ちゃうから、こうやって「相手を操るために自分の考えとは逆のことを真顔でいう」とかできる人尊敬するわ…かっこいいよね。

友達になりたいかと言われるとイヤだけど(笑)。

 

そんなこんなで無事に虎杖が賭け試合に参加することが決まりました。

賭け試合には呪詛師も参加してるんだもんね。どんなキャラが出てくるのか楽しみ。

死滅回游のプレイヤーもいたりすんのかな??

スポンサーリンク

【呪術廻戦153話】賭け試合の対戦相手www

賭け試合への参加が決まった伏黒と虎杖は今後の行動について話し合い、虎杖は試合に出場して内側から、伏黒はその間に潜入して裏から探りをいれることになる。

しかし伏黒は胴元である秤に泳がされていると推測し、潜入がバレた時点で秤への接触が難しくなるため本当は動かない方がいいかもしれない、と考えるのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

お、作中の日時が分かったな。11月10日の17時か。

渋谷事変がハロウィンで10月31日だったから、そこから考えると↑ってことになるはず。

…合ってるよね?w

ほんでこれはおさらいだけど、いま伏黒たちは津美紀を助けるために死滅回游をどうにかしようとしてて、それに必要な戦力を増やすために秤への接触を図ってる。

死滅回游はルール上参加した時点でほぼ死が確定しちゃうから、参加、つまり「エリア内で宣誓する」前に死滅回游自体をどうにかしないといけないからね。

だから伏黒はなる早で秤に会おうとしてるワケだ。

 

そしてその日の夜。虎杖は立体駐車場跡地で賭け試合のルールを聞いています。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

術式なしバトルなのか!!!つーか術式の存在を知ってるってことはやっぱりモブ門番も術式を持ってる…?

うーん、でもモブ門番はやっぱり非術師かな。

あのとき伏黒は術式アリで戦うもんだと思ってたから客が非術師であるって聞いて驚いてたけど、結局術式を使わずに戦うってことは客に対して8条に抵触することは基本ないはずだし。

とはいえ意味もなく伏黒が「呪術規定8条の秘密に抵触してる」って言うコマを入れることはないだろうから、秤が呪術規定8条に抵触してることはきっと確かなはず。

となると秤はモブ門番とか部下に対して8条に抵触してる可能性が高くて、つまりはモブ門番が非術師である可能性も非常に高いと。

これすっごいどうでもいいことだな…w

スポンサーリンク

 

試合会場に向かう道すがら、モブ門番に「胴元である秤はどんな人なのか?」と探りを入れる虎杖。

モブ門番は会えば分かると答え、さらに賭け試合には脚本ナシのガチンコと脚本アリの八百長があって、八百長の脚本は胴元が描くため試合でアピールできれば声がかかる(=会える)かもしれない、と続けるのだった。

 

秤は八百長までやってんのかよ…呪術規定とか以前に普通に犯罪やろwww

たしかお金が絡む試合での八百長は犯罪だったよね。

賭け試合も八百長もやってる高校生、、、だいぶヤベーヤツだわ(笑)。

 

そういやファンブックの感想記事でも書いたけど、芥見センセが「秤の術式はコンプラに抵触しそう」って言ってたんだよね。

【呪術廻戦】ファンブックと漫道コバヤシの内容まとめ&考察!【前編】
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 今回は3月4日に発売した「公式ファンブック」、そして3月6日から見逃し配信が始まった「漫道コバヤシ」の内容の感想と考察を、前後編に分けて垂れ流していくぞ!!(※ネタバレめちゃくちゃ出て...

いや術式以前にもうコンプラ抵触しまくってるw

虎杖がパチやってただけでアウトなんだもんなぁ。秤のこれは確実にアウトですわ。

 

そして高校生が胴元を務める賭け試合・八百長を普通にお出しする芥見センセが心配しちゃうような秤の術式って…

どんなモンなのかめちゃめちゃ気になるね(笑)。

 

はい、そんな感じで賭け試合が始まります。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

これは…喧嘩漫画とか格闘漫画が好きなヤツが興奮するステージだ…(恍惚)。

駐車場ぶち抜きってのも世紀末観あっていい。作るの大変だったろうなコレ。

 

ほんでな、客の中に見たことある人らがいたんすよ…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

サンドウィッチマンwwwww

こないだのケンコバといい芸人出しすぎでしょ芥見センセ(笑)。

賭け試合見に来てるとか好感度下がるからやめたげなよ…やってそうな見た目してるけどもw

 

…はっ。

今思いついたけど、コレってもしや賭け試合にセンターマンこと売れない芸人プレイヤー「高羽史彦-たかばふみひこ-」が関わってくるという伏線なんじゃ、、、???

高羽史彦登場回は↓ね。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<146話>まさかのあの人が登場w
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ146話> 4月19日発売 週刊少年ジャンプ「...

こんな短いスパンで違う芸人出てくるってさ~、ちょっと可能性ありそうだよね。

マジで高羽くんとかあの弁護士とかどう絡んでくるんだろう。芥見センセはキャラの動かし方うまいからヒジョーに楽しみです。

 

伊達と富澤も注目する中、ついに始まる賭け試合。

実況のジョン☆ボビが場を盛り上げ、両者入場です。

さぁ相手はどんなヤツだ…?

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

まwさwかwのwパwンwダwwwwwww

こーれは予想外すぎた。マジかよ(笑)。

なんでここにいるんだ。夜蛾さんはどうしたんだパンダ…

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<147話>夜蛾正道とパンダ。
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ147話> 4月26日発売 週刊少年ジャンプ「...

あのあと真希さんとか乙骨と会ってこれからの行動指示してもらったんかな。

でも伏黒&虎杖と合流してなくて、かつ2人よりも先に秤の元に辿り着いてるのがナゾだわ。

時系列どんな感じだっけ?分かんね~!!!

 

つーか実況のジョン☆ボビっておっさんがずっとテキトーすぎるんだがwww

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

「突如現れた刺客!!三角の次も四角!!」とか虎杖の「デンジャラス火の玉ボーイ」とかなんやねん(笑)。

一番気になったのがパンダよ。

立てばパンダ、座ればパンダはまだ分かる。

 

パンダの歩く姿はマジパンダじゃねぇってwww

さすがのパンダもこんな綺麗に二足歩行できんやろ\(^o^)/w

 

…あれ、本物のパンダは2足歩行できないよね???

おれが知らないだけって可能性もあるか、、、(笑)。

スポンサーリンク

【呪術廻戦153話】秤金次、登場!!!

対戦相手がまさかのパンダであることが判明した賭け試合。

その様子をモニターで見ている男が一人…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

「金ちゃん」ってことはコイツが秤か!!!

初期に五条さんの回想で出てきた見た目とかなり変わってそうだな…ヒゲは健在だけどwww

つーかカワイイ女の子はべらせとるやん秤ィ…。

ピアスばちばち姫カットとか地雷臭ヤバいけど、ヤンキーの彼女って考えると「なるほどなぁ」ってなりますね(笑)。

 

いやーでもピアスたくさん開いてる女の子っていいよね。すごい好き。うらやましいぞ秤コノヤロー!!!

 

パンダに勝てる野良術師がそうそういないことから、「運は試されてナンボ。初めから勝ちが見えてる賭けはつまらない」と今回の賭け試合に関心を持てない様子の秤。

しかしピアスばちばち可愛子ちゃんが「そうでもないみたい」と言ったことによって、再びモニターに目をやるのだった。

そこで繰り広げられていたのは…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

バチバチにやりあっとるwww

背景からして2階より高いところまで跳んでんな虎杖w

こりゃ客も沸きますわ…

しかしさ、秤の言う通り並みの術師じゃパンダに勝てないって考えると、やっぱり夜蛾さんの傀儡操術ってヤバすぎる術式だったね。

 

基本的に術師は非術師よりも強いはず。

その術師たちの大多数がパンダに勝つのは難しくて、夜蛾さんはそのレベルの存在を無から生み出せるんだもん。

そりゃ危険人物認定されちゃってもおかしくない。

傀儡だからケガも意に介さず突っ込めるしさ。改めて冷静に考えるとヤバイ術式すぎる。

あーでもただただ良い人だったなぁ夜蛾さん。死んだの悲しすぎんぜ、、、

 

戦いながら小声でお互いの状況を報告し合う虎杖とパンダ。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

この口ぶりからしてパンダは秤と接触するためにここに来たってことは確定だね。

でもパンダは秤に避けられてるのか。

…じゃあなんでパンダは賭け試合に出てるんだ?www

「何回か賭け試合に出てくれたら会ってやるよ」みたいなこと言われたんかね?

そーでもしないとパンダが賭け試合に出る理由が説明できない(笑)。

虎杖みたいに秤と接触するために出るなら分かるけど、パンダは知った仲である時点でそれは難しいもんなぁ。

他に考えられる理由あるか…??分からん。

スポンサーリンク

 

会話することでこれからの動きを確認しあった虎杖とパンダ。

賭け試合、決着です。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

パンダとの八百長がバレないか不安で汗かいてる虎杖かわいいw

 

つーか虎杖のこの服ダサくない(笑)???

伏黒との白黒バランス考えてこんな感じになったんだろうけど、これはちょっとアレですね。安物のジャージって感じだ\(^o^)/w

やっぱ虎杖は制服姿が一番好きだなぁ。単純に学ラン×パーカーって良いし似合っとる。

 

客に魅せる試合を行っていた様子を見て虎杖を気に入った秤は、フロアにいる部下に「いい脚本がかけそうだからトーナメントが終わったら虎杖を屋上に上げろ」と指示を出す。

 

「いつも言ってんだろ」

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

あっ。怖い顔してけっこうバカなタイプのキャラだコレ…www

熱いうちに打たなきゃいけないのは熱じゃなくて鉄ですよ秤さん\(^o^)/

こんな狡猾そう&怖い顔して実は頭悪いってイイわ(笑)。

最初は東堂の代わりになれるような良いキャラは期待できないか…って思ってたけど、意外と期待できるかもしれんwww

色々と悪いことはしちゃってるけどな!!!

 

ほんで虎杖はすぐに秤と顔合わせることになりそうね。

そもそもパンダを初戦で使ってる時点で芥見センセが賭け試合に時間割くつもりがないことは分かるw

ただ芥見センセがこのままフツーに秤を仲間にするとも思えないしな~!!!

この後の展開どうなるんだろ。一波乱二波乱くらいはありそう。

 

あ、そういや秤の横にいた女の子の名前も判明しました。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

いや高専生なんか~い\(^o^)/www

そういやファンブックで「3年は2人考えてる」って言ってたわ…。まさかすぎて驚いたw

ほんで星綺羅羅-ほしきらら-と来ましたか。

ふ~むすごい名前です。キラキラしてますね~~~!!!

ピアスばちばち姫カットの星綺羅羅ちゃんね。ふ~む。

でもさっきの「熱は熱いうちに」って秤の言葉にツッコんでるんだよな(笑)。実は頭いいキャラなのかもしれん。楽しみ。

 

秤から連絡を受けた部下は、もう一人のガキ(=伏黒)はどうするのかと指示を仰ぐ。

それに対して秤は「後で警備に綺羅羅も出すから警戒を続けろ」と答えるが、その通話中部下の後ろには…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

うわ!領域展開の中じゃなくても影に入れんの!?

自分自身が影の中に入るのは八十八橋の蟲呪霊戦でトドメ刺す時にやってたけど、アレは領域展開中だから出来てるもんだと思ってたわ…

でも手を影の中に入れられるなら全身いけてもおかしくはないか。影の中ってどうなってんだろ。

 

そんでこの状況もどういうことなんだ?

部下の影だと思ったら、実はそこに隠れてた伏黒の影だったってこと?

それとも伏黒がどっか違う場所から影の世界に入って部下の影から出てきた?

後者だったらマジで強すぎるんだが。影の世界を通じて影間を移動できるとしたら女湯…隠密行動とか捗りすぎるじゃん。

もはやどこでもドアみたいなもんだもんね。影がある場所ならどこにでも行けるようになっちゃう。

「強すぎるからさすがにないだろ~」って思うけど、同時に「相伝術式ならまぁなくはないのか~?」ってなっちゃって分からんw

 

あーでも、部下の影にあらかじめ入っておいて、その部下があの場所に移動したタイミングで出てきたとも考えられるか。

これなら影の世界を通じて影間の移動はできないことになるから強すぎないし、とはいえすごい便利ではある。

いい塩梅だ(笑)。

 

ほんで宿儺の狙いもこの影の世界に干渉できる力だったりするのかね。

この影への収納・侵入の能力を活かしてできる宿儺が欲しがるもの……やっぱ料理関係しか浮かばないわw

 

「食材の保存は冷暗所!魅せてくれたな伏黒恵!」

とか宿儺が言う未来が来たりするんだろうか(笑)。

 

虎杖を使っていい脚本が描けそうな予感を感じてザワつく秤。

このザワつきは…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

リボ払いwwwそれは確かにザワつくわwww

金遣いが粗いの彼女を心配して「お金大丈夫なの?」って聞いたときに「リボ払いだから毎月余裕だよ~♪」って返ってきたら一瞬で全身から汗拭き出しちゃう…

めちゃめちゃザワついてんなぁ秤。

ほんで庶民派感すごくて親近感湧くんだがw好きになれそう。

 

つーか綺羅羅ちゃん、「元カノの話やめて」って言ってるってことは秤と付き合ってんのか!?!?

うらやましい…おれもピアスばちばちの彼女ほしいっす。モテるんだね秤。

スポンサーリンク

 

はい、そんな感じで今週は終わり!

いやー久々の呪術廻戦だったけどやっぱ面白いね!楽しんだ~~~

 

久々すぎてすでに体力の限界来てるんだけど、今回の話の中には秤の術式に関するヒントがたくさん散りばめられてた感じがしたから整理だけしとこう。

秤のセリフで術式考察のヒントになりそうなのはこの3つかな。

  • 運ってのは試されてナンボ。初めから勝ちが見えてる賭けはつまらん
  • いい脚本が描けそうだ
  • リボ払い

あと芥見センセの「コンプラに抵触する」っていうのもヒントだね。

 

秤の術式はギャンブル系だと思ってたけど、こう見ると脚本に関わる術式もありえそうだ。

それかギャンブルと脚本を組み合わせた八百長に関わる術式の可能性もあるな。

ただ初めから勝ちが見えてる賭けはつまらんって考え持ってるところからすると、術式が八百長ってのはポリシーに反してるか???

でも良い脚本(八百長)描けそ~!って嬉しそうにもしてるしな…どっちなんだwww

 

あ、あと乙骨のセリフからすると秤は強さに波があるっぽいんだよね。「ノってるときは僕より強い」みたいなこと言ってたから。

…も~分からん(笑)!一回寝て脳みそリフレッシュした方がいい案浮かびそうだからそろそろ寝ようw

 

そうだ。記事中で触れるの忘れちゃったんだけど、綺羅羅ちゃんの術式も気になるわ。

パンダが秤に会えなくなるような能力で警備にも役立つってところから戦闘系の術式じゃないことは確かだろうだけど…

頭回らんからこれもあとで考えようw

 

お久しぶりすぎる感想記事、ここまで読んでくれてありがとう~!コメント楽しみにしております\(^o^)/w

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした

U-NEXT無料体験で呪術廻戦を読む(0巻~最新巻まで1冊無料)

コメント

  1. クモ屋敷 より:

    うぽつです(`・ω・´)ゞ およそ一ヶ月半ぶりに呪術廻戦が帰ってきましたね!!嬉しい限りです
    秤くんの髪色、体調不良関係ないただのイメチェンでしたね ファンの間では元々のブロッコリー頭と金髪らしき色にイメチェンしたことから、ロアルドロスと呼ばれているそうです(モンハンライズのユーザーなら分かるかも)
    それにしてもパンダ先輩、生みの親を失ったのにメンタルの復活早すぎますね(笑) しかも大根演技まで披露するしマジで盛り上げ上手ですわ
    ところで棘くんについて同級生すら言及してませんけど一体いつ再登場するのでしょうか…?

    • トード トード より:

      クモ屋敷さん、コメントありがとうございます!
      いやホント嬉しいです~!芥見センセの体調も心配ですが、それでもやっぱり1ヶ月半は長かった…(笑)。

      秤はただのイメチェンでしたねwおれもロアルロドスっぽいな~って書こうと思ってたんですよ!登場1コマ目の後ろ姿とかモコモコ感がめちゃくちゃロアルロドスでしたw

      たしかに…!逆に心配になっちゃいますね。夜蛾さんの心情を知ってたからこそパンダは立ち直り早かったのかもしれません。
      でもなんで賭け試合出てたんでしょうパンダwあの場所で秤と会うチャンスをうかがうためには試合に出る側になるしかなかったみたいな感じかなぁ

      狗巻の情報出ませんね~気になる。あともう一つ、反転術式が使える乙骨と会ってるハズなのに狗巻の腕が治ってないことが気になってるんですよね。単純に乙骨でも腕を生やすのは無理だからってことなのかな。なんにせよはやく登場して欲しいです!

      コメントありがとうございました\(^o^)/

      • クモ屋敷 より:

        他にも恵くんの術式がパワーアップしてて、宿儺様が歓喜しそうでしたねw でも真希ちゃんが真依ちゃんの遺言で禪院家を滅ぼそうとしていた辺り、当主に就いた恵くんとも対立するんじゃないかと不安に思っています

        • トード トード より:

          ですねwでも宿儺が初めて影に入り込んだ伏黒を見たのは乙骨が虎杖刺した瞬間の可能性もありそうですよ!もしそうならめちゃめちゃニヤニヤしてましたね(笑)。

          いやーーーそれは大丈夫なんじゃないでしょうか!!!伏黒は禪院家になんの執着もないですし。もし真依のあのセリフが縛りみたいになってたとしても伏黒が当主辞めるって言えばカウントされないのでは…?でも一応伏黒にも禪院家の血が流れてるからなくはないか、、、

          きっと大丈夫!!!w

  2. のこ より:

    宿儺がニチャアしたのも伏黒が乙骨の影に潜伏してたからなのでは?と予想されてましたが当たりっぽそうですね。
    そしてこの影収納・潜伏能力は呪力が遮断されるか察知されづらくなるのでしょうか?
    交流戦時の加茂いわく呪具の呪力を感知できてなかったようですし、宿儺も気付いたにしてもすぐには気付けてないですし
    そして虎杖と並走してたコマですが虎杖の影に入って走ってもらった方が早そうって思ってしまいましたw

    あと何気に伏黒って4人の中で人をころした描写が実はまだないのですがあの(嘘)で先生も意図的にここまで避けてきてるなって確信が強まってしまいました。
    そして伏黒の初の人ごろしは津美紀に取っておいてるのかななんて嫌な予想も…

    • トード トード より:

      のこさん、コメントありがとうございます!
      あーなるほどそういう説もあるんですね!確かにそれなら宿儺が笑ったのもうなずけますw虎杖の影の中に入って~っていうのもその通りですねwww
      呪力の遮断か…影の中の世界がどんなもんか分からないと何とも言えませんが、のこさんが挙げた加茂さんと宿儺の反応からすると可能性高そうな気がします。「あの刀どこに持ってたんだ?」って言ってましたもんね加茂さん。でも伏黒は伏黒は呪具じゃない普通の武器も使うことが多いからなぁ~~~。加茂さんの件に関しては普通に影に物を収納できるようになったことを暗示してるんじゃないでしょうか。
      ただ宿儺のニチャアの理由がマジで乙骨の影に潜んでた伏黒だったらその可能性はめちゃくちゃ高くなりますね。ちょっと強くなりすぎな気もしますけども(笑)。

      それはありそうw伏黒、一応責任持って虎杖を殺そうとはしてましたけど結局果たされませんでしたしね。もう一人の善人である津美紀を自分の手で殺さなきゃいけなくなる展開はマジであり得ると思います。
      となると暴走しちゃった津美紀を止めるには殺すしかなくて、だったらおれがやります…みたいな感じかなぁ?X‐MENファイナルディシジョンのウルヴァリンとジーンみたいな。
      キャラがツライ思いするのは心が痛みますけど、おれ読後感の悪い鬱漫画も好きなのでそれはそれで読んでみたいです…w

      コメントありがとうございました\(^o^)/

  3. 匿名 より:

    おかえりなさい、トードさん。

    • トード トード より:

      匿名さん、コメントありがとうございます!

      ただいま~~~~~\(^o^)/!!!またほそぼそやっていくのでよろしくお願いします!!!

  4. 妖怪まー より:

    トード殿、お久しぶり&記事お疲れ様です。
    連載再開、そして絵がH×H笑
    秤もシルエットで初めて登場した時とかなり変わってましたね。
    H×Hにいたでしょ?
    トード殿の言うようにバカっぽさが憎めない、そして人気出そうな感じです。
    今後のストーリー楽しみですね!
    何よりトード殿の記事が再開された事が嬉しくて!毎週楽しみが戻ってきた感じです
    これからもよろしくです♪

    • トード トード より:

      妖怪まーさん、コメントありがとうございます!
      お久しぶり~!結局全然更新できなかったよブログw待っててくれた人もいるのに申し訳ねぇ…

      ついに連載再開したね。今週のモブ門番はマジでハンターハンターに出てくるモブって感じが強すぎたwww

      秤は登場時から犯罪犯しちゃってるからその辺どうなるかなぁ(笑)。あーゆー見た目もガチガチにヤンキーな感じのキャラは人気出るのかね?w東リベにいたら絶対人気出ないだろうな~って気はするけど、そこは芥見センセの手腕次第か(笑)。

      ありがとう~~~!また毎週更新していくのでこちらこそよろしくです\(^o^)/コメントありがとうございました!

  5. 匿名 より:

    お久しぶりです!

    遂に秤登場しましたね〜想像の数倍悪な顔してました笑 この学年、危うく乙骨くんが混ざるところでしたね笑 こわいこわい。

    これまでの連載とちょっと色が違う感じがするなと思ったんですが、ハンターハンターと聞いて納得しました!笑

    死滅回游が始まった当初想像していた殺し合いとはまた違った展開ですが、これからどうなるか楽しみです。これまで小出しにされた情報がどう繋がるのか、芥見先生のことなので期待してます!

    早く野薔薇ちゃんに会いたいです

    ではでは。

    • トード トード より:

      匿名さん、コメントありがとうございます!
      お久しぶりです~!ついに連載再開!

      ホントですよねwおれも糸目でブスっとした顔のヤンキー想像してたら顔も怖いし普通に半グレムーブかましてて驚きましたw
      あ、そうか乙骨ダブってるんでしたwピアスばちばち姫カットに半グレに特級過呪怨霊に憑かれてる根暗君か…。いや並べてもやっぱ乙骨が強すぎるwww

      今週はハンターハンター感強かったですね~(笑)。ホントに休載中読み返してたんじゃねーかな芥見センセw「ついにおれも長期休載しましたよ富樫先生…!」みたいなこと呟きながらw

      まだまだ始まらなそうですね死滅回游!でもおれは十分楽しめてるのでヨシ!!!
      つーかそもそも伏黒たちの目的が死滅回游が始まるのを阻止することなので、マジで死滅回游始まらずにポシャる可能性も高いんだよなぁwもしそうなったら読者のみんなはどう思うんだろうか…おれは全然アリなんですが。

      京都の方角を向いて新田君に念を送りましょう…!!!wはやく復活してくれーーー!!!釘崎ーーー!!!
      でも釘崎はイケメンな再登場してくれそうな予感がします(笑)。楽しみに待ちましょ!

      コメントありがとうございました\(^o^)/

  6. 木島日記 より:

    更新お疲れ様です
    まずは状況提示開始といった回でしたね今後どうなるのやら。
    ずっと気になってるんですが「コンプラ抵触する賭け事」がどういう扱いなのかってことなんですよね。漫画内で海外行ってカジノ行ったり、ジョジョのダービー戦のように能力で賭けに強制力持たせたりしてもコンプラには抵触しないと思うんですよ。未成年がパチンコ行くとか明らかな違法行為だと抵触するけどね。で「明らかに違法」の創作上での扱いが難しい。
    今回のように「モンスターが発生して社会秩序が乱れた設定の国で賭けの胴元してる」ってよくある設定でコンプラに抵触するかなーという具合で気になるんですよ。
    んで今回の話読んでふと思ったのが、皆が準拠してる法(ルール)を破ることが術式上必要だったら普段から違法な賭けしたり、呪術師のルールにあえて抵触したりするかな?胴元が設定した八百長(シナリオ)も狭い範囲の強制力持ったルールではあるのでルールを破りor破らせることが能力に直結するとか。
    それなら、ルールを強要される死滅回遊にも相性抜群となる気がしましたw

    サンドウィッチマン賭場が似合いますね、さすがサンドウィッチマンの仕事で人殺してそうな方と趣味で人殺してそうな方と言われた悪人フェイスw

    • トード トード より:

      木島日記さん、コメントありがとうございます!
      お久しぶりです1ヶ月半ぶりでした(笑)。

      創作内のコンプラの定義確かに難しい!おれ自身漫画とか作品の中で高校生がタバコ吸ってたりパチンコしたりしてても全く気にしないので余計に難しいですwだって創作の世界だし…。
      ただそう捉える人もいれば創作内の話でも「コンプラに抵触してる!」って捉える人もいるわけですもんね~。藤本タツキ先生のルックバックの件もあったので、やっぱ時世によるところが大きいのかなって思ってきました。
      あとは作風と言うか、作中の世界観もある…のか?ヤンキー漫画とかタバコ出てこない方が珍しいし、それで騒がれることなんでないですしね。

      すいません話が逸れました。コンプラに抵触する明らかな違法行為とは?そして秤の術式とは?ですね。

      なるほど!術式そのものがコンプラに抵触する(=ルールを破ること)で発動する仕組みってことか!ほんでそれが死滅回游をぶっ壊すためのカギになるってめちゃくちゃ面白い!
      それなら芥見センセがあんなクソゲー持ってきたのも納得です(笑)。秤の術式でぶっ壊すぜ~って決まってたならあそこまでガチガチにルール縛っても問題ないですもんねwwwありそうだ。
      でもそこまで対死滅回游に特化してる術式だとすると、秤の術式を知ってるであろう東京校2年ズが死滅回游のルールを聞いたときに「あいつの術式が必要だ」みたいに言いそうな気もするんだよな~~~!ただすごく面白い考察でしたありがとうございます!!!

      …なんか今ふと思ったんですけど、もし来栖ちゃんが死滅回游前に津美紀の術式を消したらどうなるんですかね(笑)?羂索に術式を剥奪されることで死ぬなら、その前に術式がなくなっちゃえば参加することにはなってもリミットで死ぬことはなくなると思うんですけども。
      作中で誰もその発想になってないのかな、、、。あ、でも術式がなくなる=死が死滅回游だけの概念じゃない可能性もあるか、、、分からん!

      サンドはホント悪人顔ですね(笑)。それよく見るどっちがどっちか分からないヤツだw
      呪術の世界では「仕事で呪詛師やってそうな方」と「趣味で呪詛師やってそうな方」ですかねwww

      あ~秤の術式気になります!はやく次週の呪術廻戦読みた~い!!!

      コメントありがとうございました\(^o^)/

      • 木島日記 より:

        一応、死滅回遊のルール上は「自分に懸けられたポイントを除く100Pでルール変更可」「19日間得点の変動がなければ術式剥奪」なので術式有の人は18日目に術式を消せば自分に懸けられたポイントが5→1に変動するのでもう19日間猶予が生まれることになると思いますね。
        ポイントを得る方法や、使い道は書いてても「総合保持ポイント」なのかどうかが書いてないのがミソかと。
        現状術式剥奪→脳に負担掛かって死、術式消去→グレーゾーンなんで何とも言えないですね。
        オガミ婆のような降霊術で憑依状態の時、降ろした魂の術式が使えるかどうか次第だといろいろ悪さできますねwポイントロンダリング

  7. のこ より:

    >宿儺の狙いもこの影の世界に干渉できる力だったりするのかね。

    どうなんでしょうね宝の持ち腐れ発言から解釈の仕方次第で使い方を広げられることは見抜いてたっぽいですし、宿儺が色めき立ったタイミングはふるべった時になってなので、影の術式そのものにはまだ惹かれてなかったっぽそうなんですよね。
    ふるべった時に見出した何か+影の能力を応用すればって感じなんですかね?

    • トード トード より:

      そうそう、影を媒体にしてるとこにも関心示してましたが、宿儺がめちゃくちゃテンション上がったタイミングはふるべしたところなんですよね。
      まぁでも「なぜ逃げた」は「そんな強い術式なのに…さては使いこなせてねーな?」って意味で、その後伏黒がふるべを出したことで「なんだ本当は使えるんじゃん!魅せてみろ!」となったと考えると、影を媒体としてることが判明した時点で宿儺はその有用性を見抜いていたって捉えて良さそうな気もします!

      となるとふるべというよりは影の術式そのものに興味を示したってことになりそうですが…そもそも影の中がどうなってるのか、それを得ることで宿儺にどういうメリットがあるのかが全然予想できないw

      やっぱり式神とか影の世界そのものではなくて、未だ明かされてない十種影法術の能力に可能性を感じてるっていうのが無難なのかもしれませんね。すでに最強の宿儺は別にこれ以上の強さは求めないと思うので、それとはまた違った目的があるとは思うんですが…。