【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<85話>祝アニメ化!なのに花御さん…涙

呪術廻戦の感想ネタバレ

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!
ちょっとちょっと。マジで呪術廻戦アニメ化決定したんだが!!!

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

「呪術廻戦」アニメ化だ!!!


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

んぎょえええええ!!!ついに来てしまったか!!!

めちゃくちゃ嬉しいのと同時に失敗したらと思うと凄く怖いな…。
良さげな制作会社に当たることとプロデューサー?のセンスが良いことを祈る他ない。

ただ領域展開の言い方だけは、前に出たPVの

「領域…展開ッ!↑↑↑」

じゃなくて、

「領域展開。↓↓↓」

にしてくれ頼むぅぅぅ。
おしりを上げないで…そっちのがオサレだから…。

でも呪術廻戦はキャラ同士の掛け合いとかもアニメ意識してる感じするし、戦闘シーンも動きあってアニメ映えすると思うからやっぱ楽しみだ。頼むぞ頼むぞ頼むぞ

おれ声優に関しては全く知識がないから分からんのだけど、良い感じなのかい??

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

虎杖悠二:榎木淳弥
伏黒恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美

何気に釘崎の声優さんってすごい重要な気がする(笑)。かっけえシーンと男気溢れるセリフたくさんあるけど大丈夫だろうか。

つーか芥見先生のコメント「邪魔しないように」って、あんまり関わらないパターンですかね??原作ファンとしてはガンガン口だしてって欲しいんだけどな…(笑)

それと12月22日(日)のジャンプフェスタで芥見先生登場するらしいぞ!!

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

ナマ芥見先生見てえ。

 

さ、アニメ化についてはこのくらいにして、原作の方見ていきましょ

スポンサーリンク

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ85話>

11月25日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」85話「渋谷事変③」

今週もアツすぎんよ…。
ポスターもめっちゃかっこよい。相変わらず配色センスが素晴らしいですね

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

コレ見るとどうしても「この手は誰の物なんだ?」って考えちゃうよね。

構図から見ると、五条さんと夏油すら手のひらで転がされてるんだぜ~って感じがするなあ。今までにも昔のエグい呪術師がチョロチョロ話に出てきてるけどさ、もしかしたら全ての黒幕はそういう伝説になるレベルの呪術師なのかもしれんな。

加茂憲倫とか呪術の研究みたいのもしてたっぽいし、ヤバい術式生み出したりしてそう。天元様の不老術式を応用したとかで現代まで生きてて、裏で色々してるとかも普通に考えられるもんなあ。ワクワクしかしないぞコノヤロウ

この話の収録巻↓

U-NEXT無料体験で呪術廻戦を読む(0巻~最新巻まで1冊無料)

花御狙いの五条さん、相変わらず最強すぎる

漏瑚と花御をあおりまくる五条さんwww

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

特級呪霊3人相手にしてこの余裕。かっけえっす
しかしやっぱ見やすいなあ呪術の絵って。他の漫画だと白黒バランス悪くてキャラを見失ったりすることあるもんね(笑)。

ゆっくりと歩みを進めて漏瑚と花御の間合いに入る五条さん。
ビビりまくって動けなかった2人が同時に攻撃を繰り出し、五条さんはそれを受ける。

殴りかかった際に異変に気付く漏瑚。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

漏瑚「ナマ五条悟に触れちゃった///」
レジで可愛い店員さんと手が触れ合ったときもこんな顔するんだろうな…。

だがしかし相手は五条さん。
完璧イケメンだけど作者にまで「性格に難あり」と言われる男だwww

腕を掴んで引き寄せる拍子に腹パンです

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

同時に花御の蹴りも避けている五条さんまじハンパない。
体術もめちゃ強いのね…

スポンサーリンク

漏瑚の不幸はまだ続きます。
腹パンの次は腕捥ぎ(うでもぎ)www

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

いたそおおお!!!でもまあ呪霊だからすぐ治るか。

つーか五条さん「まず雑草(花御)を祓う」って言ってたのに漏瑚にばっかり攻撃してんな!
って思ったらそれも作戦だったっぽいわ↓。まじクレバー

”花御を狙うって言っといて、実際は油断した漏瑚を重点的に狙う”っていう、めちゃくちゃ嫌われる戦法ですな(笑)

この作戦に気づき、さらに五条さんが無下限術式を解除してることにも気づいた花御は、領域展延を解いて術式でゴリ押ししようとする。

しかし次の瞬間

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

顔こっわ(笑)。
どっちが悪いやつなんだっけ!?!?

五条さん、さっきの作戦すらもフェイクみたい(笑)。
花御を狙うと言っといて漏瑚を狙うんだな!と思わせといて、本当に花御を狙ってた。

頭使って戦ってる…イイね…

そして花御の目ん玉ぶち抜きwww

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

ええ、、、思ったより長いんだな、、、
全部抜けきって目が空洞になった花御もくそグロいわ(笑)。

つーか花御の目から出てた木って内臓みたいなもんなの???
見た感じの質感やわらかそうだし…のうみそか??www

 

五条さんの分析によると、領域展延と術式は同時には使えないらしい。
つまり五条さんに攻撃しようと思ったら、領域展延を広げつつ単純に呪力パンチするしかないと。漏瑚と花御が今まで火山とか木とかを全然使わなかった理由がわかったね

逆に言うと、漏瑚や花御が領域展延をしてる場合は五条さんの術式も中和されるから、五条さんも無下限術式を解いて呪力パンチでいくしかないワケか。

とはいえ漏瑚的には「無下限術式さえ出させなけりゃさすがにいけるっしょw」みたいな考えだったみたいで、ただただ呪力操作と体術で花御がやられまくってるのにビビっとる(笑)。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

この「展延で体を守ってた」っていうのは防御力が上がるとかじゃなくて、きっと五条さんの無下限術式を封じてたから体が無事だったってことだろうね。

 

そりゃ最強の術式持ってるヤツは、それが無くなれば無力化すると思うよなあw
もしかしたら五条さん、術式どころか呪力すらない伏黒(父)にボコボコにされたから体術も磨いたのかもしれんね。

花御って高専襲ってきたときに生徒みんなでかかっても手も足も出なかったのになあ。
加茂さんの赤血操術も真希姉の游雲も聞かなかったのに…素手でバチボコいけるのかい五条さん。

マジで最強すぎんぞw
これは封印するしかねーってなるのも納得だ

スポンサーリンク

さよなら花御よ…

引っこ抜いた花御の目を持って立っている五条さんに脹相の大兄者が攻撃をしかけるが、自動ガードで防がれてしまう。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

お!この構えは加茂さんも使ってた「穿血-せんけつ-」っぽいな↓↓

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<46話>楽巌寺校長の術式やべえwww
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ46話> 2月9日発売 週刊少年ジャンプ「呪術...

花御に攻撃してた時は五条さんが術式を解除してたから、そのスキを狙って撃ってきたんやろね。冷静で良いな。

つーか周りの人間たちが落ち着きすぎてるのが怖いんだがwww
人相当な数死んでるんだからもっと阿鼻叫喚になってもおかしくないよな

 

そして懲りずに五条さんに呪力パンチをする漏瑚と花御。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

もうムリだって分かってるんだろうけどなあ。
五条さんを最低でも20分は足止めしなきゃだからね、、、

漏瑚・花御「負けると分かっていても立ち向かわなきゃいけないんだ!!!」

あれ、こいつら主人公だっけ…?

 

領域展延で五条さんの術式を中和しつつ攻撃する漏瑚と花御。
しかし二人が術式を中和しようとすればするほど、五条さんは術式を強く保とうとする。

そして花御はもう限界が近いのだった…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

雑草の次は独活(ウド)かwww
確かに花御はなんもできてないな今回。喋ってもないw

術式を保ちつつ花御に近づいていく五条さん。
もうやめて!花御のライフはゼロよ!!!

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

あ、ああ、、、
怖すぎるよ。ファンが逃げるよ五条さん、、、

五条さんを止めようと人間に向かって攻撃しようとする漏瑚。
やってることはアレだけど、状況的には仲間を守るために必死になってるヤツだ(笑)

しかし漏瑚のアオリも虚しく花御は…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

あああ花御ぃぃぃ。
アニメ化決定したのに…このタイミングで死ぬやつがあるか…。

呪霊が祓われた時に出る「ザフッ」って音もバッチリあるから、花御退場は確実だなコリャ。いーいキャラだったから寂しいなあ。

花御がやられるのを見て「花御…」ってつぶやいてる漏瑚もすごく良い。
呪い同士でも、仲間意識とか友情みたいなのが多少は生まれるんだろうか?

やべ、読みながら書いてて泣きそうになったwww

スポンサーリンク

ところ変わって明治神宮前駅。
新キャラ(だよね?)の補助監督に現況を説明してもらう冥冥・虎杖・憂憂たち。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

幸薄系の女の子じゃ…。薄い顔っていいよね。
でもやっぱおれの新田ちゃんのが可愛いな

補助監督が言うには、こっちも渋谷と同じく駅全体を覆うように「一般人を閉じ込める帳」が降ろされてて、さらに副都心線ホームを中心に「術師を入れない帳」が降ろされているらしい。

そしてその2つの帳の間に、帳を下した呪霊or呪詛師がいると。

なんで帳を降ろした本人がホームの方の帳の中にいないのかというと、帳の外に出るというデメリットによって帳の強度をあげてるんだって。うーむ複雑になってきましたね…w

それでその2つの帳の間には、呪霊or呪詛師の他にも「改造された人間」がいるみたい

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

絶対真人おるやーん…。

やっぱり真人は虎杖サイドだったね。夏油は獄門彊を持ってるはずだから五条さんサイドにいるはずだし、こっちは真人一人なのか?
狙いとしては虎杖捕獲からの宿儺ゲットだと思うけど、どんな展開になるか予想できねえ。

 

そして今週は「真人がいる」と聞かされた虎杖の顔面アップで終了。
これは今回の話で祓われるかも分からんね、真人。

 

やーしかし、、、花御が死んでしまったという喪失感がすごいわ。
領域展開も披露せずに退場しちゃった。こういうことされると展開予想がさらにやりにくくなるな!w

「あいつまだ領域展開してねーから死なないっしょ~」みたいな考え方もできなくなる。
でも呪霊って非術師がいる限り生まれ続けるし、大地とか森に対する恐怖ってずっとなくならないはずだから、花御もいずれ復活するんじゃね???

とはいえこの考え方だと、いつまで経っても戦いは終わらないんだよな。

…ハッ!!!
「呪術廻戦」ってタイトルがもうオチを表しているんじゃないかコレ。
いつまでも終わらない戦い、”廻戦”。いくら頑張って呪いを祓っても終わりはない。

夏油も言ってたな「術師というマラソンゲーム」って。
こうなると夏油のやろうとしてることが一番正しいような気もしてくる…。
うーむ、、、どう転んでも救いがない、、、考えさせられますな。

 

とりあえず今週も面白かったあ!来週も楽しみ!

そしてアニメ化おめでとう~~~!!!
鬼滅の次に社会現象になるアニメは呪術廻戦で決まりでしょうな\(^o^)/

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした

U-NEXT無料体験で呪術廻戦を読む(0巻~最新巻まで1冊無料)

コメント