【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<166話>日車VS虎杖、決着する。

呪術廻戦の感想ネタバレ考察

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!
面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ166話>

11月22日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」166話「東京第1コロニー⑥」

今週も呪術廻戦だ~!!!

昨日は仕事から帰ってすぐ寝ちゃったからまたまた火曜日更新になってしまった。

でもまぁしょーがない!はやく仕事やめてやんぜ~\(^o^)/

 

つーか早くも18巻の表紙が公開されたね!秤だって!

なんかめちゃめちゃ優しい目してるな秤www

でも手には諭吉さん…金と一緒に映ってるキャラ、冥冥に続いてこれで2人目か(笑)。

 

トランプと麻雀牌もあるからこの表紙を見る限り秤の術式はやっぱりギャンブル関係なんだろうけど、となるとなおさらあの電車のドアはなんだったんだろうってなるねw

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<155話>秤の術式、謎が深まるばかり…
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ155話> 8月23日発売 週刊少年ジャンプ「...

秤の術式マジで全然分からん…!

 

よくよく見ると麻雀牌もトランプも役になってんだなコレ。大三元とか国士無双とかフルハウスとか。

 

…あれ、今気づいたけど麻雀牌のサンピンの柄ミスってるじゃん(笑)。

ホントならななめ一列で3つ並んでるはずよね。発売時には修正されるんかな??

芥見センセ忙しいから難しいか。

つーかギャンブル術式出すくらいだから麻雀もめっちゃ詳しいのかと思ってたけど、かじった程度のおれでも分かるミスするってことは意外とそこまで詳しくないのか???

それとも忙しすぎてミスっちゃったか。

…また身体心配になってきた。

 

はい、そして今週はもう一つ嬉しいお知らせがありまして。

呪術廻戦、シリーズ累計発行部数6000万部突破らしい。ヤバすぎ。

こりゃ印税もすげぇことになりますわ…

ちょっと計算してみましょうかね。

 

単行本の定価が400円くらいで印税率が10%、それが6000万部だから芥見センセの懐に入る印税は~

 

に、にじゅうよんおk…

 

おこづかいくれ~~~芥見センセ~~~\(^o^)/www

しかしマジですごいなぁ。ここからまたどのくらい伸びるのかも楽しみだ。

 

はい、それじゃ今週も本誌の内容見ていきましょ!

スポンサーリンク

【呪術廻戦166話】日車、裁判官への誘いを蹴っていた

今週は日車がまだ司法修習生の頃の回想からスタート。

裁判官(おそらく)の吉沢さんが日車の提出した起案をめちゃくちゃ褒めてるから、司法修習生時代の日車もやっぱり優秀だったんだね。

でもその吉沢さん、伏黒の母校にいた校務員のおっちゃんに似ててビックリしたwww

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

「まさかあのおっちゃんは全ての地位を捨てて用務員として第二の人生を…?」

とか考えちゃったけど、そういえばずっと伏黒の中学で働いてたって言ってたわ(笑)。

ちなみにあのおっちゃんは武田さんっていうみたいです\(^o^)/全然ちげえw

 

日車は過去この吉沢さんに「裁判官にならないか?」って誘われてたけど、出世に興味がない自分には向いてないからって理由で断ってたのか。

吉沢さんの「弁護士や検察官じゃなくて裁判官にならないか?」ってセリフからするに、なる難易度からすると裁判官が一番上なのね。

まぁ最終的に判決を決める存在って考えれば当たり前だなw

 

…もし日車がここで断らずに裁判官を目指してたらどうなってたんだろ。

だって最終的に判決を決めるのが裁判官ってことは、検察とか弁護士が提出してきた色んな証拠を見た上で自分で有罪無罪を決められるってことでしょ?

それって日車の理想を実現できる一番いいポジションじゃんね。

もし大江くんの裁判で日車が裁判官として出てたとしたらあんなことにはならなかっただろうし。

 

まぁ日車が「出世に興味がないから」って理由で断ったってことは、裁判官にも色々めんどくさい複雑な事情があって長いものに巻かれなきゃいけないことも多いのかもしれんな…

つーかそういうことを許容できる人間じゃないと裁判官になれないって言った方が正しいか。

考えれば考えるほどイヤな世界だなって思っちゃうぜ、、、

 

となると、たぶん裁判官であるこの吉沢さんもそっち側の人間ってことになるな。

吉沢さんの笑顔がめちゃくちゃ邪悪なモンに見えてきたwww

逆に武田さんの笑顔からは素晴らしく「善」が感じられるな(笑)。

似てるとか言っちゃってなんか申し訳ねぇ…

 

でも表情だけで読者にそう思わせられるってすごくない???

しかも今週は日車の顔でも似たようなこと感じたんだよね。

司法修習生時代の日車、パーツも髪型も一緒のはずなのにすげぇ若く見える。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

若い…。険しい顔してないってのもあると思うけどなんか若い(笑)。

最近は虎杖もいい顔してるし、表情描くの上手い漫画はやっぱりいいですね。

どうやったらこんなに描き分けられるんだろ。

スポンサーリンク

【呪術廻戦166話】死刑執行人「日車寛見」

はい、そして虎杖VS日車のシーンに戻りまして。

どうやら日車の裁判で「死刑-デスペナルティ-」の判決が下された場合は、なんと日車のガベルがあるものに変わるらしいです。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

処刑人ソード\(^o^)/www

ガベルがそのまま違う武器になるのも驚いたけど、「カッ」のフォントも相まって魔法少女の変身シーンすぎて笑っちゃったwww

しかし日車、検察やって弁護士やってさらに今度は死刑執行まで自分でやるのか…

でも裁判官の役だけはジャッジマンに任せてるんだよなぁ。

ここもさっき書いた「日車は裁判官のことを良く思ってないんじゃないか」ってところに繋がりそう。

 

つーか死刑を言い渡された時点ですぐ死ぬことになるのかと思ったら違うのね!

まぁ死刑宣告→即刻死刑って必殺効果みたいなもんだし、よくよく考えたらありえないか。

でもさ、日車の領域展開って必殺効果を省くことでこんだけ使いやすいモノになってるんでしょ???

それなのに対象が死刑レベルの罪を犯してれば斬られた者は例外なく必ず死に至る武器が支給されるってずりぃわ。

必中必殺ではないけどもう…強すぎるよ(笑)。

 

ほんでこの処刑人ソード、宿儺にもちゃんと効くのかな。

BLEACHの砕蜂も雀蜂っていう「二撃決殺(※同じ場所に2回刺せば必ず殺せる)」っていう斬魄刀使ってたけど、愛染に圧倒的霊力で無効化されてたんだよね、、、

領域展開の押し合いには呪力量も関わってくるって五条さんが言ってたしなぁ。

呪術においてそういう物差しがある時点で、もしかしたら超格上の存在だったりすると処刑人ソードで斬られても大丈夫ってなる可能性もあるかもしれんw

ないと思うけどもしかしたらね(笑)。

 

しかし…「没収」で相手にデバフかけた上で「死刑」で一撃必殺武器もらえるってマジでめちゃくちゃ強いよなぁ。

それに日車が領域展開することによるデメリットも今のところ見当たらないし。

きっと裁判で相手が無実を勝ち取ったとしても、それで日車にはねっ返りが来ることもなさそうだよね。

なんなんだこの術式。

 

ほんで今週はジャッジマンから日車に提出される証拠品についても新たな事実が判明しました。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

日車は証拠品が開示される前から証拠の中身を把握できんのかよ…

対象の全てを知れるワケではないとはいえ、裁判に関する証拠品はジャッジマンと共有できるってそりゃずるいって(笑)。

これ日車がもしめちゃめちゃ性格悪いヤツだったら、相手が頑張って答弁してるとき面白くてたまんねーんだろうなぁ。

「お前今回の論点そこじゃないってwwwバカwww」

とか頭ん中で考えまくるでしょ絶対w

 

つーかジャッジマンが提出した証拠品ってどんなんだったんだろ?

今回の証拠品の中身は宿儺に関するモノかつ虎杖の無実を証明するモノだったってことは分かったけど、それが具体的にどんなこと書いてあったのかめちゃめちゃ気になる。

写真なのか文書なのか、はたまたもっと違うモノなのか。

「虎杖の身体には宿儺という悪魔がいて、渋谷の大量殺人は虎杖の身体を乗っ取った宿儺がやった」

ってことだけ書いてあったのかな。

それとも宿儺に関するもっと深い情報も一緒に書いてあったりするんだろうか。

それこそ何も知らないはずの日車が見ただけで宿儺を悪魔と呼んじゃうくらいのことが(笑)。

 

これに関してさ、今日ツイッターで

「特装版19巻についてくるグッズの渋谷事変現場写真秘匿された物品って今回の証拠品なんじゃね…?」

みたいなこと言ってる人いて衝撃受けたわ。

ちょっとありそうだし、だとしたら芥見センセはかなり前から今の話の展開の構想を仕上げてたってことになるのもヤベぇ(笑)。

スポンサーリンク

 

ただ今週の話の中でひとつ、ジャッジマンが対象が無罪になるような証拠を日車に提出してるってところが引っかかってるんだよね。

いくら公平公正な裁判とはいえ一応呪術だしさ、自分から罪状を提示しといてそれが無罪である証拠を提出するってなーんか違和感w

もちろん証拠の中身次第では日車が「虎杖は無実だ」って判断しただけの可能性もあるけど、そうなると今度は、じゃあなんで虎杖が無実だって明らかに分かるような罪状を持ってくるんだ?って思っちゃう。

やっぱり「自分の罪を問われたときにどう反応するのか」っていうところを重視してるからなのか???

でも本当にやってないことだったら、普通はやってないって言うよなぁ。

そんでその場合は、きっと日車は無実の罪だって分かってるのに虎杖を殺すんでしょ?

それって日車っぽくなさすぎない?

 

ああそうか。

日車が最初に言ってた「嫌な弁護士を演じたくてな」ってセリフはそういうことだったのか、、、

もし大江君が無実だったとしたら、この虎杖の裁判は大江君の裁判と似てるもんな。実際に大江君は一審で無実を勝ち取ってるし。

ただ大江君は自分でも無罪を主張してたってところが虎杖とは違くて、だから今回日車は困惑してると。

大江君を最終的に有罪にした裁判官みたいに無罪を主張する無実の人間を裁こうとしようとしてたのに、虎杖はなぜか自分のせいではない罪を認めた。

こんなに澄んだ目で…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

いい主人公だなぁ虎杖。すき

スポンサーリンク

【呪術廻戦166話】おれ達の日車が戻ってきた…!

今回は日車の内面もまた深掘りされたね。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

めっっっちゃくちゃ夏油と被るんだが…うぅ…

おれ夏油も大好きなんすよ。

だから今週の話を読んで、そりゃ日車も好きになるよなぁって思った(笑)。

夏油しかり日車しかりナナミンしかり、世界に疲れた大人ってなんでこんなに魅力的なんだろう。

芥見センセの心理描写と構成が上手いからって理由もあるんだろうな。すごいわホント。

 

日車は大江君の裁判の時点ですでに弁護士っていう職業自体イヤになっちゃってたんだね。

 

ほんで日車の「明かりを灯したところでまた眩しい虚無が広がってる」ってセリフがさ、0巻最終話の「眩しい闇」ってサブタイと似ててさ。

芥見センセの考え方の根底にこういう景色があるんだろうなーって思った。

おれもそうなんだけど、きっと芥見センセも性悪説を信じてそうだよね。

そんで呪術廻戦は、善である虎杖がその世界の中でどう生きるのかっていうことが一本軸になってる気がする。

 

つーか漏瑚の

「人の穢れから生まれる我々呪霊こそが真の人間なのだ」

ってセリフが思いつく時点で芥見センセが性悪説派なのは決まってるなwww

あそこらへんの漏瑚のセリフって性悪説派の人間が性善説派の人間を論破するときにめちゃくちゃ使えるよね。

あんなこと言っちゃったらまたそこから負の感情生まれて呪いが生まれそうだけど(笑)。

 

話を戻しまして。

日車は少なくとも今週の回想の時点、司法修習生時代までは、人の弱さ=穢れこそ尊ぶべきものだと思ってた。

だけどさっきも書いたように弁護士として人の弱さに向き合い続けた結果、その醜さに辟易することになってしまったと。

そして呪術という力を得て理想の世界が作れる可能性が出てきたことで好き勝手するようになったけど、今回虎杖に出会ってまた司法修習生時代の自分の信念が戻ってきてしまった。

その結果がコレです。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

呪力強化してるとはいえ虎杖のパンチをモロ腹に…内臓も骨もいくつかイってるなコレwww

日車もうすぐ死んじゃいそうってずっと思ってたけど、もしこのときのダメージのせいでじんわり死に向かってったらどうしよ(笑)。

つーか虎杖がめちゃくちゃスムーズに上半身裸になったのも笑ったわwww

術師は服を脱ぐのが上手いなぁ、、、

 

ほんで虎杖は「宿儺が人を殺したのは自分のせい」って言ってて、日車はそんな虎杖にまた尊ぶべき弱さを見たんだよね。

となるとこの場合の尊ぶべき弱さってつまりなんなんだ?

自己犠牲…とはまた違う気がするし。

自分の罪を素直に認めるってのも、虎杖の場合はホントにやってないから違うよね。

どんなことも一回自分のせいだって受け止めること、、、?

いや、それはただただ自己肯定感が低いヤツになっちまうなwww

分からーん!!!

 

あーダメだ国語の勉強してるみたいになってきたwww

学生時代もっと真面目に授業受けてればすんなり理解できたんだろうか(笑)。

 

まぁとにかく、ずっと待ち望んでた客観的な許しをくれた日車に感謝\(^o^)/w

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

大方の予想通り、心神喪失で無罪の流れになりましたね。

それでも「でもでもやっぱり」って虎杖は言ってるけど(笑)。

どんだけ頑固やねんコイツ…。

そこがいいんだけど!さすがにもう自分を許せ!

スポンサーリンク

 

はい、そんな感じで今週は日車が虎杖を認めて100ポイントを使ってくれることになって終わったワケですけども。

自分の意志で人を殺めたことはあるかっていう日車の質問に「…あるよ」って虎杖が答えるシーンもあったりして。

それを聞いた日車が悲しそうな顔で言うんですよ。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

102ポイントのうちの2ポイントはこの二人だったのか、、、

つーか死体ヤバいな。頭無くなってるやん…

でっかくしたガベルを上から振り下ろしたでしょこれ(笑)。

 

これさ、スーツ着てる人を2人を殺してるってことは、大江くんは無罪だったのか???

それとも不正な裁判したってことで、大江くんの有罪無罪関係なくムカつくからいっちゃったんかね。

殺し方だけ見るとそれでもおかしくはなさそうwww

 

いやーしかし今週の日車も非常によかった~~~!

夏油もずっと「呪術は弱者を守るためにある」って考えてたし、夏油と似た匂いをすごく感じたわ。

そしてそこから弱さは醜さってところに辿り着くところも似てる。

夏油にとって非術師の弱さはいわば醜さだもんね。

 

ただ今回日車がある意味で救われたところを見ると、もし夏油が虎杖と出会えてたらまた何か違ったのかな…って考えちゃう。

でも夏油の場合は非術師そのものに憎しみが向いてたから、術師である虎杖が良いやつであればあるほど弱者への憎しみも強くなっちゃうか。

そう考えると、夏油はもうどうしようもなかったのかもな、、、おツラい。

 

今週の展開はずっと予想してたものだったけど、虎杖を無罪だって言ってくれるだけじゃなくて日車自身の葛藤にも答えが出ててマジで話作りうまいわってなったね。

…今日のおれ芥見センセのことすっごい褒めてるなwww

決しておこづかい欲しいからではないですよ\(^o^)/w

 

ほんで虎杖が自分の意志で殺したのは、真人が作った改造人間たちと壊相と血塗かね。

壊相はともかく血塗は全然人間の見た目してないけど、虎杖はちゃんと殺した人間の一人として数えてそうだなぁ。

いや、でも血塗にトドメを刺したのは釘崎だから微妙か…

あ、いやいや。そういえばその八十八橋編のラストで虎杖と釘崎は共犯ってことになったんだった。

虎杖悠仁は血塗も人間としてカウントしてます。

 

呪術廻戦、次回は死滅回游にルール追加+伏黒サイドの話進める感じになりそうだね!

弁護士っていわばルールのプロフェッショナルみたいなもんだから、追加すべきルールもいい感じに考えてくれそう(笑)。

ただ虎杖が上手く説明できるか不安w早いところ伏黒に合流してくれ~~~!!!

 

呪術廻戦、来週は休載か。

2週間頑張れるかな\(^o^)/はやく読みたいね~~~!

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした

U-NEXT無料体験で呪術廻戦を読む(0巻~最新巻まで1冊無料)

コメント

  1. 八雲百怪 より:

    正直、検察・裁判官・弁護士・警察のどれかをメインにするとほかの悪い所描かないとドラマにならないですからね。
    個人的に好きな司法関係のキャラはペルソナ2罰の克也とパオフゥですね。

    剣は死刑判決と死刑執行は違うってことなんでしょうね、日車さん相手を無力化しようとして術式使ったら死刑判決→自動的に武器変化で攻撃したら死んじゃうから何にもできねえって状況になるって可能性もあるんですなw
    日車さんの術式は裁判ゲームと依然の感想で書きましたが、トードさんの言うように罪を問われた際の反応を見るためのものなんですかね。
    ちなみに「無実になる証拠」かどうかは日車の主観や価値観によると思います。宿儺のことが分かったとしても、いやな言い方かもしれないですが、虎杖は自身の抱える危険性をどこまで考慮してたか・単独で張相と戦闘して瀕死の状態になったら、宿儺がどう動くか危機管理ができたかと詰めていくと大量殺人の確かな一因になってると2~3段階下がった罪には問えるので日車側のさじ加減次第なんだと思います。

    尊ぶべき弱さは自分も上手く言葉にできないですね「罪と向き合う」気持ちですかね?罰って罪人に対する救いの面もあるんですよね罪に応じた罰を受けて償いとするという。虎杖は罰を求めてない、罪を犯したということを人生の指針に組み込んでる所・・・とか?
    とりあえず虎杖は「お前悪くない」「ありがと、でも俺は悪いと思ってる」と頑なになってるので、同じく罪を犯した日車からの視点は大事かなー。
    後、大江君に術式使ったんじゃないかという予想は外れたようですな

    夏油でふと思うのですが、高専上層部に羂索の息がかかってるとすると。いつ頃から夏油目をつけられてたんですかね。非術師の家の夏油には後ろ盾がいないので、有用な呪霊探しは高専の情報提供が主になると思うんですよね。羂索の都合に合わせて手に入れる呪霊の情報操作したり立て続けに呪霊を取り込ませて精神負担とかコントロールされてたりして・・・

    • トード トード より:

      八雲百怪さん、コメントありがとうございます!
      それは確かにw
      ペルソナか~全然知らないんですよね!名前は知ってるんですけども。ちょっと調べたらモミアゲがすごいグラサンの男が出てきました(笑)。

      あーホントですね!今回みたいに術式自体を解除しちゃえば大丈夫そうですけど、その場合は結局相手になんの効果も与えられないのか…。日車の術式、相手を殺せる覚悟がないと意外と使いにくいかもしれませんねwまぁ死刑相当の罪を犯してる人なんてあんまりいなそうですけども。
      たぶんそんな感じがします!八雲百怪さんのいう裁判ゲームって、つまりは答弁自体に焦点が当たってるってことですもんね。日車の「罪に対する反応にそいつの本心が出る」みたいな考えが術式に昇華された結果裁判ゲームになっちゃったって感じかなぁ。

      そう日車次第なんですよね!今回の記事で上手く組み込めずに消した文章がそれについて言及してるものでしたw
      本当の裁判では裁判官が最終的なジャッジを下しますけど、日車の術式では判決を下すジャッジマンは虎杖と日車のやり取りから判断するっていう時点で、圧倒的に有利な日車が裁判を支配できちゃう。それって「裁判官にはなりたくないけど自分の中の正義を貫きて~」っていう日車の深層心理現れてるなーっていうことを書いたんですけど、結局消しちゃいました(笑)。
      ちゃんと正しく読み取れてるか分かりませんが、日車周りの話はいろんな要素を深く読んでいくと辻褄が合いすぎてて芥見センセの構成力ハンパなすぎる…ってめちゃくちゃ思ったんですよね。マジですごい。

      「罪と向き合う気持ち」か!なるほど!確かに罪を素直に認めることと罪と向き合うって似てるようで違いますし、虎杖とも当てはまりますね。自分がしたことではないけど八雲百怪さんのいうように自分も原因のひとつであることは間違いないから、自分が無実だとは認められないっていう。納得だ…
      そうですね、現時点では日車の境遇を知らないですけど、この後会話して少しでも自分と被る所を感じて、そこからまた少しでも新しい考え方を得られるといいなぁ、虎杖。

      大江君の件、外れましたねこれはw
      となると大江君は無実の罪でぶち込まれることになりそうですが…日車が暴れたことで逃げられたんですかねぇ。あと猫はちゃんと無事なのか気になってますwww部下の人が面倒見てくれてるのかな。

      夏油、、、。いつなんでしょう。虎杖んいは出生から関わってるところを考えると夏油が術式に目覚めたときから目つけてたとしてもおかしくはないですよね(笑)。
      夏油の闇落ちに高層部が関わってたってのはハッとしたんですけど、でもおれ的にはずっと羂索が上層部と繋がってるっていう説に疑問があるんですよ。具体的な理由はないんですが、なんとなく
      上層部と繋がってるなら天元にちょっかい出されるリスクを犯してまで真人を高専に侵入させるかなーとか、上層部が羂索に与するメリットあるのかなーとか。まだ全然フワっとしてますがwはやく上層部のヤツら登場してほしいです!

      今週もありがとうございました\(^o^)/

  2. のこ より:

    決着つきましたね
    この裁判に則った戦闘は虎杖でなく読者のガス抜きなのかななんて少し思ったりします羂索と対峙した時には虎杖の出自&1話の仕込み明かしで重く圧し掛かってきそうですし

    悪人なんて助けたくない、正直知らない人間が死ぬより動物死ぬの方が悲しむタイプな伏黒も、津美紀救う為に覚悟決めてるとはいえ自らの手で人を殺すのはやはり次元が違うと思いますし罪悪感ぐらいは生じそうですよね話の流れ的にも
    次回どうなっているのか

    ルール追加してもらえばあとは伏黒と合流してコロニーから出る※のを目指すだけだと思いますが、甘井の後ろめたさと術式が地味に気になる要素として残ってるような。
    やはり日車のパシリでカモ連れてこいってわけじゃなかったのであの後ろめたそうな様子は何だったのか。あと過去と現在で後頭部の模様の有無を見せるからにはほぼ術式絡みでしょうし。
    この後ももう一悶着あるんですかね

    ※コロニーの出入りに関してはルールになく、あとは秤達に鹿紫雲や天使は任せっぱなしもお話的にどうかと思うので出る方法はあるはず

    • トード トード より:

      のこさん、コメントありがとうございます!
      読者のガス抜きwたしかに言われてみればこんだけ先の展開を予想しやすい話ってなかったですしね…。虎杖に助言というか、プラスなことを客観的に言ってくれるんだろうなぁって思いながら数週間過ごせたので精神的には楽でした(笑)。
      でものこさんの言う通り、この先はめっちゃつらいよって芥見センセが暗に示してるような気もしてきちゃいますね(笑)。

      伏黒か~そうだなぁ。口では「殺人も余裕だわ!」って言ってはいますけどね。…いやーでも呪詛師だったら問答無用でやる男な気もしてますおれはw
      おれも知らない人間が死ぬより動物死ぬ方が悲しいタイプの人間だからなのかな、、、。つーかこの考え方ってどうなんですかね?みんな知らない人間が死ぬ方が動物死ぬより悲しいもんなんですか??

      甘井くんのあの表情と葛藤マジでなんだったんでしょ!危険だと分かってる場所に虎杖を送り込んだことを悔いてるのかって言われるとまた違いますしね。虎杖自身がそれを望んでるんだし。芥見センセのことだからここからまた2転3転するのかなぁ。
      術式もホント気になります(笑)。おれはマジで頭から落下傘出てくるレベルのしょっぱい術式だと思ってたんですが、羽場さんとかが退場した時点で空飛ぶ系で縛る必要もなくなっちゃったからなさそうですねwww

      なんかコロニーの出入りはできないって言ってる人多いですよね。あれなんでなんだろう。作中でそんな話ありましたっけ…?忘れてる可能性もあるので誰か知ってる人いたら教えて欲しいです(笑)。

      でもコロニーに侵入したらプレイヤーになるだけで、コロニーに侵入したからといってコロニーから出られないってことにはならないですよねきっと。プレイヤーになった時点でポイントの増減しないと死んじゃうからプレイヤーの割合が圧倒的に少ないコロニー外に出るメリットが少なくて、だからプレイヤーたちは自発的にコロニーから出てないだけって気がします。
      鹿紫雲がフツーにコロニー間移動してきてそれを教えてくれる展開になりそうw

      今週もありがとうございました\(^o^)/

  3. あかや より:

    すごく分かりやすくまとめてくれてありがとうごさいます!
    今回の話と関係無いんですけど、ちょっと前の話で甘井くんが「言え・・虎杖に言うんだ俺・・もうこんなこと止めよう」みたいなこと言ってたの何だったんでしょうね。
    日車に関することを何か言おうとしてたのかと思ってたんですけど、もう日車サイド終わりっぽい感じですし・・
    とにかく!これからも応援してます!体に気をつけて、面白い記事書き続けて下さい!!
    長文すみませんでした

    • トード トード より:

      あかやさん、コメントありがとうございます!
      分かりやすいですか!?やったー嬉しい\(^o^)/!!!

      他の方のコメントでもその話しました(笑)。ホントなんだったんでしょうね?でも芥見センセのことなので、きっと甘井くん関連でまた2転3転するんじゃないかと思ってますw
      ただ甘井くんは過去描写で長いものには巻かれろキャラだったってことが分かったので、虎杖に悪く思ってるってところからして葛藤の理由は日車ではない上位存在というか、そういう人の言うこと聞いてるんじゃないかって気もしますね。プレイヤー同士徒党を組んでちょっとした組織作ってるとしてもおかしくはないですし。もしかしたら羽場&羽生もその一員だったとかもありそう。

      わ~ありがとうございます!マイペースに続けていきますね(笑)。

      コメントありがとうございました\(^o^)/!

  4. なつみかん より:

    トードさんこんばんは。

    18巻の表紙金ちゃんでしたね。てっきり金髪だと思っていたので紫で意外でしたけど似合っていますね。19巻はきっと日車さんが表紙ですよね。特典がこの裁判の証拠品かも知れないという説はあり得そうでするどいなぁと思いました。

    今週はまた話が深くて考えをまとめるのに苦労しました。なぜトードさんもみなさんもすぐ書けるんですか?(笑) 悠仁が無罪を主張していたらどうなっていたんでしょうね。宿儺は自分の意志で取り込んだ(違う可能性もありますが)のだし、制御できないことは分かっているのだからそれを放置した責任があるとかで何かしらの罪には問われたかもしれませんね。そうなれば日車さんも躊躇なく悠仁に刑を下して、この先も死滅回遊で悠々と点数を稼いでいってたのかな。でも1審の時より重い罪を悠仁が認めたことで日車さんは初心を取り戻したから、こうなると一般人の2人を殺したことで苦しんでいくだろうし・・・、ってことはやっぱり日車さんの退場が近い展開になりますね(泣)。細かく描きこんだ悠仁の目と、初めて閉じられた日車さんの目の対比が印象的でした。悠仁と日車さんはお互いの存在に救われて欲しいですね。

    悠仁も一瞬で制服脱ぎましたね。着ている物ですら戦いのアイテムにするセンスが素晴らしいです。きっと高専に入学したら、まず最初に素早く制服を脱ぎ着する訓練をするのでしょう。服を着るように促す日車さんはさすがだなと思いました。

    コロニーの移動については言及がまだないと思います。私は誰かが100点使ってルールを追加して移動できるようにすると思っていましたが、確かにトードさんの言うように普通に外に出ることもできそうですね。コガネに東京第2コロニーに移動したいって言えば「あいよ!」ってあっという間に転送してくれそう。

    それではまた。

    • トード トード より:

      なつみかんさん、コメントありがとうございます!
      そういえば紫だ!全然違和感なくて気づかなかったw
      ほんで一応言っておくと鋭いのはおれじゃなくてツイートしてたどこかの誰かです\(^o^)/よく気づきますよね(笑)。まだどーだか分かりませんが!

      いやマジで書けてないですから…いつも苦悩しながら記事書いてますw自分の考えまとめるのって難しいですよね。何かについて考えて答えに向かってても、その途中で違う可能性とか見えてきてまとまらなくなっちゃう(笑)。

      もし虎杖が無罪を主張してたらその時点で日車的には今までに見てきた人たちと変わらないことになると思うので、そうなってたら日車は虎杖を裁く方向で動いてたでしょうね。ジャッジマンも日車の主張によって死刑判決をして、処刑人ソードで虎杖は…。ほんで日車はその場合壊れたまんまになって、今までみたいに向かってくる人達を裁きまくって自分の理想を実現するために頑張ってたんじゃないかと思います。
      まぁでも前に書いたように死滅回游はカオスを求めてるはずなので、日車が求めてるルールを追加するのは難しいんじゃないかなぁ。やっぱり日車は退場が近い気しかしないです、、、生き残ってほしいけど。

      虎杖の戦闘センスほんとすごい。でも服を使うの見たときはワートリ思い出しましたw東さんがヒュースにやったヤツ!最近アニメでもやりましたね。
      服の脱着が必修は面白いwwwでも自衛隊とかでも装備の脱着は練習してるだろうし、もしかしたらホントにあるかもです(笑)。

      あーあのシーンもいいですね。「いやお前は服脱いで着替えろ…」って思っちゃいましたがw優しさがにじみ出ちゃっててすごいイイ。

      コロニー間の移動どうなんでしょ!?ただ羂索が非術師にやってたのはプレイヤーになるかどうかってところが論点だと思うので、やっぱりコロニー自体は出入り自由な気がしますが。外に出たとしてもポイントの変化がなければ死んじゃうから結局はみんなコロニーに戻ってくるでしょうし。
      コガネに転送装置あったらすごいな(笑)。めちゃめちゃみたいですそれwそういうルール追加したらできるようになるのかなぁ死滅回游。だとしたら自由度高すぎますかね\(^o^)/

      今週もありがとうございました!