【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<121話>ゴリラ廻戦、ふたたび開幕!!!

呪術廻戦の感想ネタバレ考察

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!
面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ121話>

9月14日発売 週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」121話「渋谷事変㊴」

来ました月曜日!呪術廻戦じゃ~~~\(^o^)/!!!

今週はすごい元気です(笑)。

 

あ、そういえば巻末コメントで芥見先生が言ってたんだけど、伏魔御厨子の「無生物には解-カイ-」はミスで、本当は「呪力のないものには解-カイ-」らしいよ!

「無生物でもなく呪力もない伏黒(父)は、伏魔御厨子でも切られず解除後に無生物の服だけ切られて全裸になった伏黒(父)がポツンと立ってることになるんじゃね」

って書いてた人いたけど、どうやらそうはならずに済みそうだなwww

 

よし、じゃあさっそく今週もみていこう!

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

【呪術廻戦121話】始まる虎杖VS真人!

先週ナナミンを殺しやがったクソ真人に駆け寄る虎杖。

真人は「待ってました」と言わんばかりに改造人間を取り出し、虎杖に向けて放つ。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

うわ…マジで内臓ごろっごろしてるな…

これ渋谷事変終わったあとのお掃除めっちゃ大変じゃん。

つーか真人は改造人間のストックどんだけあるんだ??渋谷事変で一番人間殺してるのは宿儺さんじゃなくて真人かもしれんなぁ

 

真人の攻撃を難なく避けた虎杖。しかし真人はすでにそれを見越して虎杖の右側に回り込み、ふたたび改造人間で攻撃をしかける。

使った技は五条さんと戦ったときにも繰り出した「多重魂-たじゅうこん-」

からの、、、

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

ちょっとかっこいいな(笑)。

なんか真人もグングン成長してるよね。改造人間を使った攻撃のバリエーションも増えてるし、その攻撃自体も洗練されてる気がするわ。

成長する敵…やっぱ真人は虎杖のライバルポジか、、、

王道展開だと最初は敵対してたライバルが後半に主人公のピンチに颯爽と現れて助けてくれる、みたいなのがあるけど、真人に関しては絶対ありえねーな(笑)。

 

ほんで真人の「多重魂-たじゅうこん-」「撥体-ばったい-」の詳細も明かされたぞ!

  • 「多重魂-たじゅうこん-」…二つ以上の魂を融合させる技
  • 「撥体-ばったい-」…多重魂によって発生した拒絶反応を利用し、魂の質量を爆発的に高め相手に向け放つ技

なんとまぁ倫理観に反してる技だろうか…w

まあ無為転変って術式の時点で倫理観に大きく反してるけども(笑)。真人は成長すればするほどエグい技が増えるなぁ。

むかつくけど敵キャラとしては非常に魅力的だ…\(^o^)/w

 

真人の「撥体‐ばったい-」によって大口を開け向かってきた改造人間を受け止めた虎杖。

しかし、その口の中から真人が現れる。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

虎杖との闘いを楽しみすぎだろ真人www

このベロベロ笑顔はぜひ正面から見たかった…。メカ丸戦で見せたキモイ笑顔よりはまだマシだろうけどもイイ顔してそうw

 

つーかこのコマの虎杖の顔めっちゃ好き…。かわいくない???

こんな顔で体重80キロ以上の体脂肪率1ケタっていうギャップね。マジでかわいいな…

 

ちょっと話変わるけどさあ!!アニメの虎杖顔長くないか!?

この顔と比較するとすごい顕著なんだけども!!!PV第一段の時点で「アゴなげえな…?」って思ってた、、、

受け入れられるかちょびっと不安じゃ。

 

改造人間の口の中からいきなり現れた真人は、一瞬ひるんだ虎杖に顔面パンチをお見舞いする。

刃物のように変形させた拳で殴られた虎杖。またもや顔に切り傷を作ってしまうのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

芥見先生、どうしても虎杖の顔面にこの傷を作りたいらしいなwww

脹相にも穿血で同じ傷つけられたもんね(笑)。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<103話>虎杖VS脹相戦ヒートアップ!!!
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ103話> 4月13日発売 週刊少年ジャンプ「...

ここ最近の怒涛の伏線回収具合を見てると、これすらもなにかの伏線なんじゃねーかと思ってしまう…

どんな意味があるのかはまだ全然分からんけどもw

スポンサーリンク

【呪術廻戦121話】虎杖の顔めっちゃ怖い

殴られた虎杖は「どうしてオマエは何度も、何人も、人の命を弄ぶことができるんだ」と真人に問いかける。

それに対して真人は笑いながら「困り顔で殺せば満足か?次からそうするね♡」と返し、さらに虎杖の問いに対して答えを出すのだった。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

あ、順平さんお久しぶりです…

いーや真人ほんとクソwww順平の死体蹴り飛ばすなや、、、

的確に虎杖の心をエグってくるなぁ。なんなんだコイツは。

これが人が人を恨む腹から生まれたってんだから、やはり人間はクソなのかもしれませんね。

もしおれが呪術廻戦の世界に行って呪術師になるとしたら、完全に夏油の下についちゃうわ…。やっぱ全ての元凶は人間だもん。

考えさせられる漫画ですね呪術廻戦。

 

つーかこの真人の「オマエは俺だ」ってどういう意味なんだろ?

真人は自分の気持ちの向くままに人を殺してる。一方で虎杖も自分の気持ちの向くままに人を助けようとしてる。

そういう点で見れば真人も虎杖も同じなんだよね。そういうことを言いたいのかなぁ?

 

ただこの後、真人は虎杖に「そいつを認めない限り、オマエは俺に勝てないよ」って言ってるんよ。

うーむ、、、。

 

ナナミンがさ、真人と五条さんのことを軽薄で、だからこそ強いみたいな感じで評価してるんだよね。

ってことは、軽薄であること、つまり自分の思うように好き勝手動いていることが強さに繋がってるとも取れるはずだ。

だとするとこの真人の言葉は、虎杖に「オマエもおれと同じように好き勝手生きてることを自覚しろ」って言ってるのかもしれんな。

 

まぁでも、誰かに言われたからとか誰かのためにとか、そういう気持ちを原動力に戦ってても限界はきそうよね。

ナナミンも死に際で「私は結局何がしたかったんだろう」とか考えちゃってたし。

自分の気持ちに素直に従って自分勝手であることが、強くあるためには一番いいのかもしれん。

 

つっても虎杖は真人のこと大嫌いだし今ブチ切れてるから、まともに会話しようともしないんです。

さっきの真人の言葉に対してこの返し。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

うおおお虎杖が煽っとる!!!初めてなんじゃないか??

でも絶妙にダサい…なんというかセンスが感じられねぇ(笑)。

生粋の煽リスト釘崎の煽りに比べるとちょっとキレが足りねぇなwww

 

つーか虎杖の顔がめっちゃ怖い。宿儺さんと似てきてるんちゃうか(笑)。

前髪かきあげてるのも宿儺さんを彷彿とさせるし、もしや指を取り込みまくったことで宿儺と虎杖がこう…混ざり合ってきてるのかね?

闇堕ちの準備がだんだんと揃ってきてるぞコレ…

虎杖のメンタリティだったら絶対に闇堕ちなんてすることないだろうけど、そこに宿儺さんのメンタリティが混ざってくるとなると話が変わるわ。

前に「宿儺の目的は虎杖のメンタルぶっ壊して体乗っ取りなんじゃねーか」って書いたけど、そんな感じのことが本当に起こりそうな描写だなぁ。

どうなるんだこれから、、、

 

え、ちょっとまって。そんなことよりさ、虎杖の傷ふさがってない???

待て待て待て。ほんの10秒前だよね?傷ができたの。超速再生??

 

宿儺の指10本取り込んだからなのか?

呪霊が指食って呪力アップするなら虎杖も呪力高まってもおかしくはない。それによって治癒力アップしてるってこと?

いやでもそれならバカみたいな呪力量を持つ五条さんもすぐに傷が治ってもおかしくない…。

どういうことだまた一つ謎が増えたwww

もしや無意識に軽く反転術式使い始めてるんか?いやいやいやでもそれも腑に落ちないぞ、、、

マジでなにが起きてるんだ虎杖。

オマエハナニモノ…?

 

今回のコレとは関係はないんだけどさ、おれ、虎杖と九相図は宿儺を作り出すために加茂憲倫が実験してできたものなんじゃねーかなって思ってるのよね。

完全なる妄想なんだけど根拠もあって、まず九相図兄弟の血塗と壊相は本当の顔以外にもう一つ顔があるんだよね。

血塗は顔、壊相は背中にある。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<59話>満足そうな宿儺さんとブチギレ兄者
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ59話> 5月20日発売 週刊少年ジャンプ「呪...

そして九相図はおそらく長男が一番成功に近くて、そこからだんだん人の姿から離れてってるじゃん。

ってことは脹相が一番宿儺に近い身体をしてると思うのよ。

だからこれから脹相のお腹に顔がある描写がされるはずだ\(^o^)/

 

ほんでな、九相図の実験はきっと「宿儺を一から作る」ためのものだったんよ。宿儺と似たような身体的特徴があるのもその証拠。

だけど失敗した。

そんで宿儺を一から作るのは諦めて加茂憲倫が次に取り掛かったのが、「器を作って宿儺を再び蘇らせる」実験だったんだ。

それによって生まれたのが虎杖。この世に再び宿儺を蘇らせるために。

 

ほんでそーなると、虎杖と脹相はマジで血縁関係にある可能性が高いと思うんよ。

どっちも加茂憲倫の血を受け継いでる可能性が高い。

存在しない記憶で脹相の弟になった虎杖は、実は本当に九相図の末っ子だった…みたいな展開、ありそうじゃない?w

 

以上おれの妄想でした\(^o^)/(笑)。

でも近い展開はマジであり得ると思うんだよなぁ。もう少し練ったら記事にしたいわコレ。

今週の話に関係ない話してすまぬwww

スポンサーリンク

【呪術廻戦121話】虎杖天才武術家かよ…

問答を経て、再び向き合い構える虎杖と真人。

虎杖は怒りに怒っていたが、「ナナミンなら怒りで我を忘れるなんてヘマはしなかった」と考えて冷静さを取り戻す。

そして以前ナナミンに言われたことを証明しようとするのだった。

 

「君は」

「俺は」

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

アツすぎる…!!!

「ナナミンならどうするか」って考えてるとかもう…虎杖は猪野くんのオトウト弟子確定だな!!!\(^o^)/ヤッター

まぁ…師匠はもういないんですけど…(涙)

虎杖と猪野くん二人で任務に行く回とか見てえなぁ。

猪野くんの竜もみたい。はぁ猪野くんいのくん、、、

 

一方、真人も虎杖を確実に殺すために色々と策を講じている。

無為転変の効かない虎杖を殺すためには、的が広がり不利になる身体の変形を最小限に留めることが一番有効。

と虎杖が考えていると予想し、さらにそれを上回るために魂の形は一切変えず、純粋な呪力強化のみで戦おうとする。

そして、、、

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

真人、左利きなのか…!!!

どうでもええな\(^o^)/www

つーか正拳突きの構えが似合わなすぎんよ真人(笑)。

真人はやっぱもっとこう、、、予測不能でイレギュラーな攻撃をしてる方がかっこいいねw

 

虎杖の心臓をぶち抜くために左拳を突き出す真人。

しかしその手は空を切り、虎杖を完全に見失ってしまう。

なぜそんなことになってしまったのか?

それは体術においてスーパーハイセンスを持つ虎杖が、普通ならめったに見れないであろう攻撃を繰り出していたからだった。

 

虎杖が行っていたのは「膝抜き」

立った状態からストンを下に落ちるように膝・股関節・肩を抜き、倒れるよりもなめらかに身体を低く下げる。

そして繰り出されるのは…

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

かっこよすぎいいいいいいい!!!!!

アカン脳汁ドバドバ出てきた…

YouTubeで卍蹴り調べたらもっと脳汁出たわ。めちゃめちゃかっこいいぞ。


音やっべ…。マジでかっこいいな卍蹴り。

顔を地面スレスレまで下げるとかカポエイラ思い出すわ。

最近バトゥーキ全話読んだからだと思うけどwww

 

虎杖、なんでこんなんできるの?センスだけで無意識に繰り出してるんだろうか?だとしたらヤバすぎるな…。

そういえば宿儺さんにもこの卍蹴り出してたよね!スカってたけども!

日本武術かじってたんかなぁ。

もしやじいちゃんが躰道の先生だったり…?

ありえそうwww

 

さっき脹相と虎杖はマジで血縁関係にある可能性が高いって書いたけどさ、脹相はどっちかっていうと中国拳法っぽい動きしてたのよな~

そんでこの卍蹴りを使う躰道は日本の武道。

ここにもなんかあるのかな…加茂憲倫が格闘技マニアでそれが息子達に色濃く出てる可能性もあるわw

 

はぁ、躰道って初めて知ったけどめっちゃかっこいいんだね。

つーかさ、、、「まんじげり」で変換すると「卍下痢」になるのおれだけ???

最初に検索したとき下痢になったときの対処法とか出てきて「コノヤロウ!」ってなったわ。

たしかにおなか壊すことは多いけども…

 

虎杖が繰り出した卍蹴りをモロに食らった真人。続けざまに前蹴りも食らうが、それと同時に左手を伸ばして反撃する。

そしてこの一言。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

いや変形しないんじゃなかったんかいwww

言ったことをすぐやめちゃうとかモロ人間だわ。つーかおれだわ。

「明日からブログ毎日更新するぞ…!」って今まで何万回言ったか分からん(笑)。

 

つーか本気の正拳突きをスカされて反撃食らった後に「いいね続けよう」とか言えるメンタルすげぇw

もう笑っちゃうわ(笑)。恥ずかしくないのか…???

 

やっぱ呪術廻戦の肉弾戦はおもろいな。ゴリラ廻戦好きだよおれは。

おれ格闘技漫画好きだからかなぁ。刃牙も大好きだし…ゴリラ廻戦面白すぎる。

 

 

はぁ…ナナミン死んだんだ。

なんでおれは今週こんな笑ってるんだろう、、、脳みそぶち壊されてるのか??

ナナミンナナミンナナナナナナミン。ミミナナ…ナナミン…

毎週ジャンプに心と脳みそぐちゃぐちゃにされておる。

 

これからどうなるんでしょうね呪術廻戦。

でも今回の虎杖VS真人でさすがに真人は祓われる、もしくは最低でもフェードアウトはする気がするんだよな。

 

真人バチボコにされる

ニセ夏油が獄門疆を持って登場

真人を調伏

虎杖戦おうとする

契闊

ニセ夏油と宿儺の会話でニセ夏油の正体判明

宿儺、ニセ夏油逃がす

みたいな感じになるのかなー。

ニセ夏油、五条さんと話してる時に「呪霊操術が必要だった」って言ってたから、誰かを取り込むのはほぼ確定よね。

まぁ他の特級呪霊が祓われた今取り込まれるのは真人しかいないんだけれども。

真人VSメカ丸のときにすでに「今取り込んじゃおうかな」って感じ出してたしね。

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<81話>メカ丸の生死フラグが乱立…死ぬなあああ
井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ! 面白すぎる漫画、呪術廻戦の感想ネタバレ考察書いてくぜ~ 呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む 呪術廻戦の感想ネタバレ考察<ジャンプ81話> 10月28日発売 週刊少年ジャンプ「...

やっぱ今回でVS呪霊編は終わりで、これからVS呪詛師編になってくんだろうな。

 

虎杖の今後も心配だし、色々と死んだキャラ多すぎるして心が持たねえ、、、

感情を揺さぶりすぎだぞ芥見先生よ。漫画家の悪魔め…

 

思いつくまま書きまくってたら6,000字に到達してたから今週はこの辺にしとこうw

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした

呪術廻戦最新話の感想ネタバレ考察を読む

コメント

  1. ケツ より:

    躰道の 卍蹴り!
    やっぱ真人のセリフ好きですわ。
    指折り数えて困り顔で殺せば満足か?次からそうするね♡

    オマエは俺だってセリフは
    真人は魂いじって身体の形を変えるのに対して虎杖は魂いじって人間性を変えるってことなんですかね?それとも人間全体に結局人間の本性は俺みたいなもんだってことですかね?
    躰道の 卍蹴り

    • トード トード より:

      ケツさん、コメントありがとうございます!

      卍蹴りまじでかっこいい…虎杖なんであんなんできるんだろう?笑

      真人は釘崎とおなじくらい煽りが上手いなぁwセリフもセンスがすごい出るからやっぱ芥見せんせはすげぇ

      魂いじって人間性って変わるのかな??わからん笑
      あるとしたら後者な気がする!真人は人間そのものっていってもおかしくない存在だしね。

      今週もありがとうございました\(^o^)/ 躰道の 卍蹴り

  2. 舞舞 より:

    お疲れ様です。
    久々なゴリラ廻戦ですね。
    虎杖は花言葉では回復を意味するけどどうなんでしょ笑

    虎杖だけ幼少期が描かれてない分不穏な空気を持っていますが
    鬼畜単眼猫先生の事なので皆がドン引きする展開に持ってくると思いますw

    実はお爺ちゃんは存在しなかったとか…

    冥冥さんは今週も生き延びた!やったね!

    • トード トード より:

      舞舞さん、コメントありがとうございます!

      え!虎杖にそんな意味もあるのか…。なんか虎杖って他にも色んなところで使われてるし、芥見せんせは確かにそこまで考えてそうですね笑

      おれも虎杖は過去も含めてこれからもっともっといじめられると思いますwwwきっとおれらじゃ思いつきもしないような設定と展開用意してるんだろうなぁ芥見せんせ…

      じいちゃんはかなりの確率で虎杖と血縁関係にないですよね笑。
      病院で手続きもしてるから存在自体なかったってことはないだろうけども…。どうなるんだろうなぁ
      でも物語のキーマンであることは間違いないはずだ!じいちゃん!

      冥冥、、、もうここまで死亡フラグ立ってたら逆にマジで生き延びてる気もしますw
      頼んだぞ憂憂…!!!

      今週もありがとうございました\(^o^)/

  3. ムゲン より:

    トード殿、さすが細かい伏線らしき場面も見逃さない所は流石の一言だよ。
    オレなんか単純に真人の顔面パンチ食らってこれで存在しない記憶発動で真人とお友達の未来が見えたもん笑笑
    今回からゴリラ廻戦、呪術師としてナナミンの呪いで少し大人になった虎杖の戦いにワクワクだよ。
    この前までの宿儺いや悟空vsフリーザのような規格外の戦いもいいが、やっぱり戦略、感情、繊細さ、葛藤、破壊が入り混じった戦いこそこの漫画の真骨頂かな。
    考察はトード殿に任せてオレは本編といどのなかを読んで単純に今回も楽しんでます。

    • トード トード より:

      ムゲンさん、コメントありがとうございます!

      いや!!!あれは全部が伏線に思えてきちゃうってだけだよ~分かって言ってると思うけどwww
      ムゲンさんの言う通り存在しない記憶のフラグの方がありそうだ…なぜ気づかなかった(笑)。でも真人と虎杖がベストフレンドになんかなっちまったらどうなるんだ…?wなおさらこれからの展開が読めなくなっちゃうwww

      ゴリラ廻戦いいよね~あんだけ肉弾戦上手に描ける漫画家あんまりいないと思う。必殺技ドカーンで決着するようなバトル漫画多くてなぁ。それはそれでいいところもあるんだけども。
      最近ジャンプラでちょうど悟空VSフリーザ復刻連載してるから見てるけど、意外とドラゴンボールも戦略の上で戦ってたりするよね。バトル描写に関しては呪術はドラゴンボールに近い気もする。肉弾戦も丁寧に描写しつつ大技もあって。面白い。

      ただ虎杖は術式まだ使えないからね~!その分ムゲンさんの言う通りお互いの心情が複雑に絡み合ってて面白い。さっきから面白いばっか言ってるなw

      今週もありがとうございました\(^o^)/