【呪術廻戦】生得領域とは?解説と既出の生得領域を紹介!

呪術廻戦の用語解説

井戸の中から失礼します。こんばんは、トードだよ!

今回は面白すぎる漫画【呪術廻戦】「生得領域について詳しく解説&考察していくぞ!(※ネタバレめちゃくちゃ出てくるから全話読んでない人は注意してね。)

U-NEXT無料体験で呪術廻戦を読む(0巻~最新巻まで1冊無料)

生得領域とは?

「生得領域」は、自分の心の中のこと。そしてそれを呪力で外に構築して作った結界のことも生得領域っていうのだ!

自分の心の中ってのはつまり、自分の中にある自分だけの空間みたいな感じだね。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

この生得領域は生まれ持ったもので、中は術師や呪霊によってみんな違うのよ。

だから、中には入るだけでヤバいことになっちゃうような生得領域を持ってるヤツもいる。

でも南国のビーチみたいな生得領域だったり、クソでかいダンジョンみたいな生得領域を持ってるヤツもいるんだよね。

つまりはそれぞれの性質とか性格によって、生得領域の中はかなり変わってくるというワケですな。

…もしおれが生得領域を展開したら漫画だらけの小汚い四畳半が出てきそうだ(笑)。

スポンサーリンク

生得領域と領域展開の違い

呪術廻戦の用語ってややこしいモノがけっこう多い。

自分の領域を展開する」っていう点では同じような技である領域展開と今回の生得領域は何が違うのかっていうのも、ちょっと分かりづらいよね。

この二つの相違点についてちょっと解説しましょ\(^o^)/

 

結論からいうと、生得領域と領域展開の明確な違いは、

  • 術式が付与されているか
  • 閉じ込めきる効果があるか

ってところにあるんだ。

 

領域展開には術式が付与されていて、さらに相手を閉じ込めきる効果自分の術式攻撃が必ず当たる必中効果、そして全ての領域が持つ術式の中和効果がある。

でも生得領域はさっき書いたように閉じ込めきることはできないし、術式を必ず当てる必中効果もない。そもそも術式が付与されてないから当たり前なんだけどw

 

一応生得領域も結界術だから入ってきたドアの場所を一瞬で消して脱出しにくくするみたいなことはできるんだけど、出口を見つけることができれば外に出られちゃうからね。

きっと領域の壁を見つけられれば、それを壊して外に出ることも(領域展開に比べれば)ラクなんじゃないかな?

 

まとめると、呪術の境地である領域展開から術式必中効果、そして閉じ込めきる効果を抜いたものが生得領域なのだ!

つまり生得領域の完全上位互換が領域展開ってことになるね\(^o^)/

 

あと、呪術廻戦では生得領域も簡易領域も領域展開も全部「領域」なんだけど、基準となるのは領域展開で展開した領域なのよ。

だから生得領域はしばしば「未完成の領域」とも呼ばれるの。

術式も付与されてないし、閉じ込めきる効果もない、空間を作り出すだけだから未完成の領域。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

これに加えて、もし術式が付与されていたとしても、必中効果が付与されていない領域は「未完成の領域」って呼ばれるぞ!

スポンサーリンク

既出の生得領域を紹介!

さっき書いたように、生得領域には領域展開の領域みたいに術式と効果がないから未完成なのね。

でもその分習得のハードルは低くて、そこら辺の呪霊でも生得領域を構築するだけならできるヤツもいるのよ。

今までに出てきた生得領域を紹介するぞ~!

少年院に出た呪霊の生得領域

呪術廻戦の中で一番最初に出てきたのは、少年院に出た呪霊の生得領域。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

※少年院の中です。

ゲームで出てきたらテンション上がるくそデカダンジョンじゃん…。

生得領域は自分の心の中を外に構築したものだから、つまりこのくそデカダンジョンは少年院に出た呪霊の心の中を表してるってことになる。

…心の中にエアコンの室外機があるやんけ(笑)。

きっと少年院の呪霊は生まれたばっかだから、生まれた場所である少年院くらいしか自分の心の中になかったんだろうなぁ。分からんけどw

スポンサーリンク

宿儺の生得領域

少年院の呪霊の次に出てきたのが、宿儺の生得領域。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

この生得領域の登場シーンは少し特殊なケースなんだよね。

なぜなら、呪力で外に構築した生得領域じゃなくて、文字通り宿儺の心の中の生得領域だから。

 

なんで虎杖は死んだのに宿儺の生得領域の中で生きていられたんだろうね?

うーん、宿儺は死んで指だけになってもなお消えないほどの存在だから、器である虎杖が死んでも肉体の中で生きていた。

そして虎杖もすでに宿儺と同化してたから、死後も宿儺の生得領域の中で生きていられた…みたいな感じかな?

 

呪術廻戦てさ、普通に読んでるだけだとスルーしちゃうけどちゃんと読むとしっかり考えて描かれてるってことがよくあるのよ。ホントもう、、、何回読んでも味が薄まらねぇわ呪術廻戦。

スポンサーリンク

陀艮の生得領域

次に登場したのは、陀艮の生得領域。なんとマンションの一室に南国のビーチがありますw

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

作中で「術式が付与された領域を長時間展開し続けるのは不可能」って伏黒が言ってるから、この陀艮の領域も生得領域であることは間違いないと思う。

中で真人が本を読んでリラックスしてたことを考えると相当長い間領域を展開してたって考えられるもんね。

つーか陀艮と友達になりてぇ…。毎日南国ビーチでゆったりできるやん。

八十八橋に出た呪霊の生得領域

呪術廻戦の中でもう一つ出てきたのが、八十八橋に出た呪霊の生得領域。

 


(※呪術廻戦 芥見下々/集英社)

陀艮の生得領域との差がすごいな???

この領域もかなり長時間展開されてたし、術式も付与されてない様子だったから生得領域であることは間違いないと思う。

いやマジでくさそうだわこの領域…

ただこの生得領域には入るために条件が足されてたから、領域ってよりも「結界」って呼ぶことがほとんどだったね。

普通の生得領域とは違って結界要素が強い。

帳もそうだけど、こうやって結界に色々な条件を付加できるって言うのも面白い設定だよなぁ!妄想が広がりまくっちゃう。

スポンサーリンク

【まとめ】生得領域は「心の中」を外に構築する結界術!

はい、今回は生得領域について解説してみました。

最後にまとめると、自分の心の中を外に呪力で構築したのが生得領域で、領域展開はそれに術式と効果を足した完全上位互換の領域

そして生得領域には色々な条件を付与することもできる。

 

今回の要点はこんな感じか~??色々と複雑だから自信なくなってきたw

もし間違いとか「それ違うんじゃね?」っていうのがあったらコメントで教えてくだされ\(^o^)/

 

それじゃ、井戸の中からは以上です。おやすみ!トードでした。

U-NEXT無料体験で呪術廻戦を読む(0巻~最新巻まで1冊無料)

コメント